子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

読書好きにはなったが、勉強の習慣がついた訳ではない。親の責任:第二弾

こんにちは。小学生時代は家で勉強を全くやったことがなかったかずさんです。

 

宿題は出るには出ていたのですが(今の子供たちと比べると圧倒的に少ない量でした)放課後はとにかく遊びたかったので、学校の休み中に宿題をやってしまい。家では全く勉強をしませんでした。

たまに間に合わなかった時には、朝学校でやってしまうという有様です。

 

その結果として、勉強する習慣が全く身につかず、のちに苦労することになります。

 

悔いのない人生を送ってきたつもりですが、数少ない後悔のうちの一つが勉強する習慣が身につかなかったことです。

 

子供たちが同じようなことにはならないように、これは親の責任として強く意識していました。

親の責任シリーズ、第二弾は「勉強の習慣」についてです。 

 

自分と全く同じ過ちをするところだった

以前、このブログでもご紹介させていただきましたが、読書の習慣を持つことには成功していたので、子供たちは小学生の上がる前から本は始終読んでいました。

 

その頃って、勉強は国語中心ですので本さえ読んでいれば、なんとなく勉強している感じになるじゃないですか。

ですので、正直安心してしまっていたんです。

 

小学三年生ともなれば、勉強もすこしづつ難しくなり、宿題なども増えてきます。

上の子が小学四年生になった頃、嫁さんからこう言われました。

 

「勉強する習慣がまったくついていないから、協力して!」

 

「えっ、本とか集中して読めているから勉強もできてるんじゃないの?」

 

「読書好きと勉強の習慣がついていることは、まったく別だってわからないの?」

 

ごーーーーーん

 

よーーーく考えれば、自分自身も本を読むのは大好きでしたが、勉強の習慣は身についていませんでした。

そうなんです、子供には勉強する習慣を身に着けてほしいと強く願っていたにも関わらず、わたしはそれと全く同じ過ちを繰り返していたんです。

 

なんで気づかないんですかね。

 

ちょっと考えればわかりそうなものですが、「読書好き」=「勉強の習慣がついた」訳ではないのです。

 

嫁さんのたゆまぬ努力に、ただただ感謝

ここから嫁さんのたゆまぬ努力が始まりました。

 

放置せずに一緒に勉強したり、勉強する場所の環境を変えたり、スタンドを買ってみたり。 

集中力はあると思うのですが、当初はついつい勉強とは関係ない本を読んでしまったり、好きな絵を書いてしまったりしていました。 

 

勉強する時間を決めてスケジュール通りやることを習慣づけたり、時間を計って問題を解いてみたり、あの手この点の努力は続きます。

 

本当に細かなところをひとつひとつ、丁寧に寄り添って行っています。

勉強する習慣を身に着けさせるための方法を本で学んで、コツコツと実践していく努力たるや、本当に頭が下がります。

 

わたしはついつい自分の子供時代と重ねてしまい、

「そんなに厳しくしなくても。。。。」

って感じてしまうんですが、これがずいぶんと習慣づけに邪魔していたんだろうなあと思う今日この頃。

 

日本海峡より深く、自分の行動を反省する日々。 

 

子どもと自分は別の人間である、当たり前のことなのについつい忘れてしまう自分が怖いです。

 

何故間違えたのかを考える大切さ

嫁さんと上の子との勉強スタイルを見ていると、自分がいかに持って生まれた能力のみに頼っていたのかを痛感します。

 

自分自身が学生時代、大っ嫌いだったことは

 

・スケジュールを決めて勉強する

・テストの振り返りをして、間違えた理由を考える

 

これじゃあ、成績が上がる筈ないですね。

 

特に感心するのは、試験が終わったら必ず嫁さんは一緒に答え合わせをして、間違えた個所の考察をしていることです。

 

「この前も同じような間違えしていたね。次は間違えないようにするにはこういう勉強をした方が良いよ」

 

っていう会話を聞いた時には感動しました。

生まれて半世紀が経過した今、勉強とはかくあるべきだと気づかされた思いです。

 

過酷とも思った努力が花開くか!? 

あんなに努力をしているのに、いまいち成績が伸び悩んでいる。

もちろん他の子も努力しているのだろうけど、みんなこんなに努力してるんだろうか。

 

そんな心配をしていたのですが、ここ一ヶ月くらいで急に成績が伸び始めました。

あんなに伸び悩んでいたのがウソのように急上昇です。

 

子供の努力が今、花開こうとしています。

そんなとき、親ってこんなにうれしいんですね。

 

今自分ができることを考える 

子供たちはわたしには勉強のことについて、ほとんど質問してきません。

っていうか、わたしが勉強に関わることを嫌っているかのようです。

 

理由がわからないのですが、おそらく今までのわたしの態度が原因なのでしょう。

今更反省しても仕方がありません。

それよりもこれから何ができるのか?

 

勉強を教えるのは絶対にやってはいけないタブーのようです。

先生と違う教え方をしてしまうと子どもが迷ってしまったり、昔と教え方が違っていることも多いようで、百害あって一利なしなんだそうですね。

 

嫁さんの方針は正しいですから、そのサポートを第一に考えようと思います。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

友達を呼んでの夏祭りに、おやじの出る幕はない!!

こんにちは

お友達を家に呼ぶのも、家に呼ばれるのも大好きなかずさんです。

 

このご時世、ずうずうしい感は否めませんね。

これっておそらく、幼少時代に母親の実家に1週間以上泊まりに行っていたことが影響しているとおもいます。

 

私の育った環境は祖父母、叔父叔母、両親、兄、そして私の8人世帯。

嫁に入った母は気持ちの休まる日が欲しかったんでしょうね。

夏休みと正月は一週間以上、母の母、私の祖母の家にお泊りしてました。

母の一番下の妹のご家族が住んでいるにも関わらず、です。

今思うと、母の妹の旦那さん、嫌だっただろうなぁ。

 

我が家の黒歴史はさておき、コロナ禍で久しぶりの来客です。

 

長雨のおかげで気温が下がったので、部屋中の窓を大解放&マスク着用&お客様はおひとり様のみ、という条件で実施することができました。

 

★今回も用意した食べ物

・やきそば

・たこ焼き

・チョコバナナ

・フランクフルト

・カキ氷

 

f:id:kazusanuchisan:20210815124032j:plain

★準備する遊び

・射的(鉄砲は手作りです

・スーパーボールすくい

・ヨーヨーすくい

f:id:kazusanuchisan:20210815124218j:plain

今は何でもインターネットで買えちゃいますね。


わたしもたこ焼き屋のおじさんとして、参加させていただきました。

最初はまだ良かったのですが。。。

およびでない(場違いな)空気感が満載です。


お友達も緊張した様子が続いています。

おそらく、緊張の一因は私の存在でしょうね。。。

 

先生と親くらいしか、おっさんと接する機会がないだろうし、当然です。

 

たこ焼きを焼ききって、自分の食事をとった後は、早々に自室に退散しました。

自分の学生時代を考えると、母親には一緒の場にはいてほしくなかったですもんね。

 

これからますますそうなるであろう、「おやじの出る幕はない!」という現実をかみしめる日となりました。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

ローズホテル横浜に連泊して台湾旅行・リゾート旅行気分を味わおう!!

一泊二日の旅行がどうしても好きになれないかずさんです。

 

どうしても中日(なかび)がほしいんです。

それも同じホテルに連泊することで生まれる中日がいいんですよね。

 

温泉旅館でさえも連泊し、そこを拠点にして観光するような旅行スタイルです。

 

そんな私にぴったりのホテルを見つけました。

その名は、ローズホテル横浜

f:id:kazusanuchisan:20210813070721j:plain

今回は、どんな趣向の方にローズホテル横浜をお薦めしたいのか、について記載したいと思います。

プールがあるのでリゾートホテル気分がちょっぴり味わえる!

あくまでもファミリー向き

このホテル、屋上になんとプールがあるんです。

一番長いところで12m程度ということで、ややこじんまりとしている感は否めませんが、まぁまぁのリゾート感です。

f:id:kazusanuchisan:20210813071150j:plain

※午前中だけ、左側部分が日陰になるので、日焼けが気になる方は左側の椅子を確保しましょう。

深さが1.2mほどあるので、泳げないお子さんは浮き輪やアームリングが必要です。

また、水が冷たいので小さなお子さんは、長時間遊んでいると体が冷えてしまうかもしれませんので、注意が必要です。

昭和記念公園にあるレインボープールなど、大型レジャープールの水温の高さに不満を感じていた私にとっては最高の冷たさ加減でした。

なお、夜にはプールの水がライトアップされて、ムードを盛り上げます。

といっても正直、カップルで来るような雰囲気ではありません。

あくまでもファミリー向けですね。

利用可能時間に注意が必要

リゾートホテルですと、宿泊日前後はプール利用可能というケースが多いのですが、ここのプールはチェックイン前とチェックアウト後は利用できません。

通常のプランですと、チェックインが15時、チェックアウトが11時となっていますので、プール利用をメインに考えているのであれば注意してください。

11時にチェックインできるプランもあるようです。

しかし、このようなシステムですと、当然チェックイン直後の夕方とか、チェックアウト前の朝一番の時間にプールは混むことになります。

連泊するのであれば11時~15時までの時間帯が狙いめです。

 

ホテルを基地にして観光が楽しめる!

暑い夏でも避難所があれば中華街が楽しめちゃう

連泊の場合、プール利用はお昼前後が空いていますので、朝や夕方は中華街観光がお薦めです。

夏は暑くて観光どころではないと思われるかもしれませんが、ホテルという避難所がありますので、安心感が半端ないです。

f:id:kazusanuchisan:20210813092714j:plain

横濱媽祖廟横浜関帝廟といった神社への参拝を考えているのであれば、日没までであったり、19時までといった、比較的早い時間には閉まってしまうので、注意してください。

一方で、ライトアップされた様子は一見の価値ありですので、下調べをしたうえで、目的に合わせて訪問してみてください。

 

少し足を延ばして八景島や鎌倉へ 

首都圏といっても、住んでいる場所次第では八景島や鎌倉などへの観光は日帰りだとゆっくりできないのではないかと思います。

中華街を拠点にすれば、少し足を延ばしてゆっくりとした観光を楽しむことができます。 

八景島や鎌倉までは40分くらいで着いちゃいます。

 

ちなみに私が組んだ2拍3日プランは、下記です。

 

1日目:八景島シーパラダイスで1日遊んでホテルへ

2日目:前日の疲れを癒すために朝寝坊

     中華街でブランチ

     日中はプールで遊ぶ

     夜はナイトクルーズ  

3日目:朝はプールで遊ぶ

     午後はみなとみらいへ。

    カップヌードルミュージアム(要予約)やよこはまコスモワールドで遊ぶ。

 

港が近いのでマリンリゾートが楽しめる!

港の早朝散歩が楽しめる!

山下公園まで徒歩五分。

気軽に港の早朝散歩が楽しめちゃいます。

f:id:kazusanuchisan:20210813080903j:plain

港は東側を向いていますので、拝めるのは朝日ですね。

太陽が昇った時、世界を一斉にスポットライトで照らしたような感じになるのが大好きです。

f:id:kazusanuchisan:20210813081126j:plain

山下公園から船に乗ろう!

山下公園の近くにある埠頭からは、様々な観光船が出ています。

食事を一緒に楽しむタイプや、観光地を周遊するタイプ、工場地帯の夜景を鑑賞するタイプなど、時間帯は目的も様々です。

今回は台風の影響で欠航となってしまいましたが、次回はぜひまたチャレンジしてみたいですね。 

ルームサービスが安くて美味しい!

中華料理のルームサービスを頼むと、ホテル内に入っている重慶飯店の料理が楽しむことができます。

ルームサービスと聞くと何だか高そうなイメージがありますが、びっくりするような値段ではありません。

一品の価格はだいたい1500円~2000円の範囲でした。

冷菜の盛り合わせや麻婆豆腐、酢豚などを注文したのですが、さすがの美味しさでした。

辛いのは苦手なのに、「味が美味しいから食べたい」と、ご飯で味を和らげながらぱくぱく食べる子供たちの様子にはびっくり。

感染症対策もあり、外食は極力さけていたので、とても助かりました。

 

小学生以下は添い寝利用可!

ベット1台につき1名までは、小学生以下の添い寝利用が可能です。

ベッドはセミダブルサイズなので、小さなお子様であれば十分添い寝は可能です。

4人家族であれば大人2名分の料金で泊まれてしまうので、とってもお得です。

 

こんな人にはお薦めできない

昨今、ビジネスホテルでも差別化として「シモンズ」や「スランバーランド」といった高級寝具を使用しているケースは増えましたが、ローズホテル横浜のベットはいたって普通のベットでした。

お風呂や洗面化粧台といった水回りも特に高級感を感じるものではありませんので、そのあたりでの高級感を味わいたい方にはお薦めできないです。

 

お金がないけど、旅行がしたい!!

子供にとって、移動時間は苦痛でしかない。

そう考えると、東京から約1時間で到着するし、異国情緒もあり、観光地や遊園地なども近くにある横浜・中華街はプチ旅行に最適な場所だと思います。

 

お金がないけど、旅行がしたい!!

そんなニーズにはぴったりです。

首都圏にお住まいであれば、交通費が浮いた分を思いっきり、食につぎ込んでしまいましょう!!

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村

夏祭りはすべて中止になったので、お家で夏祭りがしたい!!

今週のお題「好きなアイス」

 

こんにちは、丸永製菓さんのあいすまんじゅうが大好きなかずさんです。

 この商品って、昔は九州限定でしたよね?

九州に住んでいる友達に教えてもらって、現地で食べた時の衝撃、忘れられません。

 私のドストライクの味でした。

好みのルーツは明らかで、生まれ育った名古屋のソウルフードスガキヤさんのクリームぜんざいを彷彿とさせてくれます。

 

こんな感じで、わたしはバニラアイス大好きなのですが、下の娘はあまりお好きではないようで(チョコジャンボモナカは別軸らしい)、どちらかというとかき氷派です。

 

お祭りに行ったら必ずと言ってよいほど、カキ氷を食べています。

 

でもコロナの影響で2年連続で近所の夏祭りは軒並み中止。

ということで、お家で夏祭りを行うことになりました!!

 

★用意する食べ物

・やきそば

・たこ焼き

・チョコバナナ

・フランクフルト

・カキ氷

 

★準備する遊び

・射的(鉄砲は手作りです

・スーパーボールすくい

・花火

 

どうしてもカキ氷が食べたい娘のリクエストを受けて、ジューサーでカキ氷を作ってみようと思ったのですが、ただ単に小さな氷になっただけで(当たり前といえば当たり前なのですが)、カキ氷とは程遠い出来栄えです。

 

今年もまた出かけることができない夏休みですし、思い切ってカキ氷機を買ってみました。 

昭和生まれのおじさんは、手でハンドルを回したかったのですが電動でした。 

でも、デザインがレトロでいい感じです。 

 

高級なカキ氷屋さんのような”ふわっつふわ”とはいきませんでしたが、お祭りで売っているカキ氷よりは、仕上がりは良さそうです。

 

早速、あんこ買いに行って、宇治金時作ろうっと。

 

※今のシロップってちゃんとフルーツの味がするんですね。びっくりしました。

 色は違うけど、全部同じ味の昔のシロップとは別次元でした。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

絵の題材を求めて。。。板橋区立熱帯環境博物館に行ってきた!

東南アジアへの旅行大好き、かずさんです。

 

依然として創作意欲が止まらない下の娘、先日は段ボールで家を組み立てた話を紹介しました。

www.kazusanuchisan.com

図工系だけでなく絵を書くのも大好きで、特に学校の宿題とかではなく、日々絵を書くことを止めません。

 

自分で絵にかく題材を探したい様子なので、どこか手ごろな場所はないかなと探していたら、ありました。

板橋区立熱帯環境博物館

f:id:kazusanuchisan:20210718072709j:plain

熱帯環境植物館(ねったいかん)は、世界三大熱帯雨林の中から、日本と関係の深い東南アジアの熱帯雨林を再現しています。

 

海に見立てた水族館から始まり、高山帯までのジャングルを登っていくような気分を味わうことができる

潮間帯ゾーン」

「熱帯低地林ゾーン」

「集落景観ゾーン」

「雲霧林ゾーン」

の4つに分かれています。

 

熱帯や地球環境をテーマにさまざまな企画展示やイベントを行っており、熱帯の環境を楽しみながら学べる博物館型植物館です。~引用~

 

とHPには書かれています。

都営三田線高島平駅」で下車、東口より歩いて約7分。

プールも隣接しています。水着も持ってこれば良かったかな。

 

一番びっくりしたのは、土日および区立小学校の夏休み期間は、小中学生の入館料は無料ってこと、これすごくないですか?

 

ちなみに通常は大人260円、子供130円です。

 

最初に現れたのは、小さな小さな水族館です。

f:id:kazusanuchisan:20210718074550j:plain

みんな大好き、ニモ!!

 

f:id:kazusanuchisan:20210718074650j:plain

海ではなく、川に住んでいるエイ!!

ちょっと狭くてかわいそうな気も。

 

f:id:kazusanuchisan:20210718074815j:plain

f:id:kazusanuchisan:20210718074842j:plain

きれいなお花もたくさん咲いていました。

 

f:id:kazusanuchisan:20210718074941j:plain

ジャングル感、ありますね。

 

娘はパシャパシャ、フィルムではないことをいいことに、絵の題材をとりまくっていました。

 

とにかく安い!!

コロナ禍でも夏休みは閉館しないみたいですし、お薦めです。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

寝る前の読み聞かせを続けていてよかった 親の責任:第一弾

こんにちは、自分が小学生の時には図書館に足しげく通っていたかずさんです。

 

いろいろ思い出に残る本はありますが、ひとつあげるとしたら「エルマーの冒険」です。 

本当に夢中になって読みました。

 

まるで自分の生きている世界がふたつあるような、本の世界へのどっぷり入り、自分が主人公になったかのようでした。

 

ロビンソンクルーソー十五少年漂流記と並んで、わたしにとって本の世界にはまることのできた、とても大切な作品です。

 

余談ですが、下の子が今一番はまっているTV番組は「冒険少年」。

わたしも大好きで一緒に観ていますが、あのころと変わっていない自分を確認出来て、何だかうれしいんですよね。

 

さて、脱線してしまったので話を戻しましょう。

子どもが大きくなった後はそれぞれの責任ではありますが、小さなうちに習慣づけておいた方が良いといわれていることはいくつかありますよね。

 

なんか、親の責任として重くのしかかっているので嫌なのですが、仕方ありません。

子どもたちが少し大きくなってきたので、親の責任だと言われがちなことが結局どうなったのか、について触れていきたいと思います。

第一弾は「読書」についてです。 

 

 

寝る前の読み聞かせはルーティンにしよう

元大リーガーのイチロー選手や、ラグビー日本代表五郎丸歩選手によってすっかり有名になった「ルーティン」の効果は、子育てにも応用できる優れものです。

 

「ルーティン」とは「決められた動作を繰り返す」ことで、 動作をしている間に気持ちが落ち着いたり、集中できるようになる効果があると言われています。

 

「一緒に本を読んだら寝る」というリズムを作ることができれば、読解力も上がるし一石二鳥。

 

しかし、子ども達は同じ絵本でも飽きないのですが、読んでる方は飽きてくる。

そんな時に活躍してくれたのがこの本です。 

でも結局、好きな話ばかりリクエストされるんですけどね。 

「あるある」だと思うのですが、読んでいない話がいっぱいあります。

 

続けられたのは親も楽しめたから。好きな作家を見つけよう 

読み聞かせを毎日やるとなると、どうしてもネタが尽きてしまいます。

そんな時、図書館は本当に心強い相棒です。最盛期は週に一回はかならず行ってましたね。

 

とにかく絵のタッチが好きな作家さんを探しては、集中的に借りていました。

エリック・カール

あまりにも有名ですが、エリック・カールさんには本当のお世話になりました。 

はらぺこあおむし」があまりにも有名ですが、「ごちゃまぜカメレオン」など素敵な本がいっぱいあります。

すべての作品において、色づかいが素敵ですよね。

 塗り絵が出てるの、知らなかったです。 

大島妙子

日本の作家さんでいうと、。絵のタッチが豪快な大島妙子先生が好きですね。

日本昔話の中で「三枚のお札」が一番好きなお話なのですが、それが大島妙子さんの絵で楽しめるなんて、最高です。 

この本も最高です。

「絵が上手」という定義って難しいと思うのですが、何でしょう。

一度見たら忘れられないインパクトが好きです。 

絵を大島妙子先生が書いている、共著っていうんでしょうか、そういった本も多く出ています。

 

小学校の成績は読解力があるかないかで決まるのでは

小学生の問題だけではなく、試験問題すべてに言えることかもしれませんが、特に小学生においては、試験問題が解けるかどうかは読解力にかかっていると思います。

 

おそらく、わたし自身が小学校時代だけ成績が良かったのは、読書をしていたおかげで同級生たちと比べて読解力だけは身についていたからでしょう。

 

算数の問題であっても、文章で書かれている問題が「何を求めているのか」について理解できればおおよそ答え方の方向性は見えてきます。

 

理科や社会などの問題に関しても、 問題を正しく理解することができれば、おおよその答えは想像できてきます。

 

子供たちが今のところ、学校の勉強についていけているのは、ある程度読解力を身に着けることができたからなのでしょう。 

 

しかし「読解力がある=頭が良い」と勘違いしてしまうと、わたしと同じ轍を踏むことになるので、中学生以上になったら注意しなければなりません。

 

二人とも読書好きにはなったようで。。。

上の子の特技は、家での立ち読み(目に留まった本を突然読み始める)。

上の子の趣味のひとつはトイレで本を読むこと(なかなか出てこない)。

 

下の子は、上の子が読むような難しめの本も積極的に読もうとしている。

下の子は、何かわからないことがあると図鑑で調べ物をしている。

 

どうやら、ふたりとも読書には抵抗がない感じになってくれたようです。

 

 

教育的な方針をしっかりと持った、そんな読み聞かせではありませんでしたが、この分野に関しては、ある程度親の責任を果たせたような気がします。

 

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

学校の図書館で借りてきた料理本が、驚くほど本格的で苦労した話

朝昼兼用でカレーを食べていると、娘から「ずるい!!」を言われてしまう、かずさんです。

いやいや、これは朝ご飯じゃなくて昼ご飯を早めに食べているだけだよ、って説明したとしてもわかる筈もなく。

そのくらい、我が家は皆カレー好きです。

 

先日、ナン作りのついでにバターチキンカレーを作った話を投稿させていただきました。

www.kazusanuchisan.com

 

それがとっても美味しかったらしく、それからカレー作りにはまっており、とうとう小学校の図書館から料理の本を借りてきました。

f:id:kazusanuchisan:20210606112953j:plain

週末、一緒に作ろうって言われてとても嬉しかったです。

ただ正直、小学校にある料理本ということでなめてました。

今回はその苦闘を描き残したいと思います。

 

鶏ガラからスープ取るの??

「スーパーに行って材料揃えようね」

気軽に出かけようと思い、材料欄を見たら「鶏ガラ」って書いてあるではありませんか。

えっ、鶏ガラ??

なんとこのレシピ、鶏ガラからスープ作るところから始まっているじゃあ、あーりませんか!!

 

※個人的には、どちらかというと、北インドの濃厚なタイプよりは、南インドのしゃびしゃび系(水っぽいタイプ)をタイ米のようなインディカ米と一緒に食べるほうが好きです。

 

弱火で2時間煮込みますって書いてあります。

 

今は朝の9時

1時からの昼食のために作りたいという娘。

 

おいおい、間に合わないじゃねーかよ。

仲良く買い物に行くのをやめ、鶏ガラを売っている、少し遠くにあるスーパーに一人ダッシュで材料の買い出しです。

 

刻んだ野菜と鶏肉を蒸し煮、弱火で一時間??

買い出しもろもろで、準備が整ったのは朝10時

 

とても2時間スープをとっている暇はないので、圧力鍋の力を借りましょう。

鶏ガラは臭みが出ないように下茹でして、黒く固まった血合いを取り除きます。

 

料理にひと手間、大事ですね。

f:id:kazusanuchisan:20210606114256j:plain

 

良かった、良かった。これで間に合うや、

って思って次の工程に進むと、弱火で1時間蒸し煮にします

って書いてあるじゃないですか。

 

えっ、1時間蒸し煮??

時間は既に10時半を回っています。

一難去ってまた一難、このままじゃぁ間に合わん。

 

ほとんどの作業を娘にやってもらおうと思っていたのですが、そんなことを言っている場合ではありません。

これは同時作業するしかない。

 

たまねぎをほんの少し娘に託し、私は自分で玉ねぎをみじん切りして鍋に敷き詰め、その上に肉をのせ、蒸し焼きに。

遅れて完成した、娘の切った玉ねぎはレンチンして上からのせました。

 

えっ、中火で40分炒める??

焦がさないように40分炒めましょうって、

セロリと玉ねぎから大量の水分が出てきました。

水を一滴も入れていないのに、ものすごい水分量です。

なになに、肉を取り出してバターを入れ、中火で炒めます?

 

えっ、この水分しゃびしゃび状態のモノを炒める??

こりゃあ、いよいよ本格的に間に合わん。

 

焦がさないように注意しながら、強めの火で全開バリバリ。

f:id:kazusanuchisan:20210606115450j:plain

 

ここからもう少し炒めて、写真と同じような状態に。

25分しか経過していませんが、もう良しとしましょう。

 

ようやくルー作り

小麦粉、カレー粉、ホールトマト、そして鶏ガラスープを投入していきます。

最後にジャガイモと、蒸し煮にしてよけておいた鶏肉を投入して完成です。

f:id:kazusanuchisan:20210606115839j:plain

 

完成したのは13時20分。

買い出しに行ってから4時間20分

作り出してからは3時間20分

 

ようやく完成しました!!

f:id:kazusanuchisan:20210606120020j:plain

 

ええ、前日にしっかり本を読んでおけば、こんなことにはなりません。

わかってます、悪いのは私です。

でも正直、小学校の図書館で借りた本ですから、こんなに本格的に作るとは思っていなくて、たかをくくっていたんです。

 

用意周到にやるの、苦手なんですよねぇ。

 

 

下の子がまた作りたいって言ったらどうしようかな。

スパイスが一味足りないような気がするんですよね。

 

次はもう少し要領よくできるとは思うのですが。。。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

父の日スルーは想定内 自分だって父の日のお祝いをした記憶なし

父親とは超絶仲が悪かったかずさんです。

 

ところで突然ですが、皆さんは父の日の由来をご存じでしょうか?

せっかくなので調べてみました。

 

1909年、アメリカのソノラ・スマート・ドットという人が男手だけで育ててくれた父親に感謝したいと、教会の牧師にお願いして父親の誕生日である6月に礼拝したことが起源だと言われています。

 

おっ、母の日と違って起源なんてないと思ってたのに、ちゃんとあるんじゃん!!

 

と思ったのもつかの間。

 

父の日の最初の祝典が行われた理由は「既に存在していた母の日のように父親に感謝する日もあるべきだ」との訴えが牧師協会に出されたことで始まったようなのです。

 

そうだよね、うんうん。予想通り。

 

母の日が5月だから翌月に、っていうほど単純ではなかったみたいですが、片方だけあるのはおかしいって発想から生まれたわけですよね。

 

いい夫婦の日 11月22日」があるなら、いい独身の日があってしかるべきだ!

 

という理由で始まった?「いい独身の日 11月11日」と大差ないですね。

 

なぁんてそんな自虐ばかり言ってると

 

「何を女々しいこと言ってるんだ!」

「本当は祝ってほしいんじゃないの??」

 

って言われそうですが、おそらく深層心理はそんなところでしょうね。

 

でも、家庭における父親の存在ってスルーされるくらいでちょうど良いんじゃないかなって思うんです。

 

子供たちが大きくなって、自分たちで稼ぐようになって、人生で一度でも良いのでプレゼントをもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

そんな思いで迎えた六月の第三日曜日、家族全員でTVで「ちびまる子ちゃん」を見ていたら「父の日」がテーマのお話が始まってしまいました。

 

家中に微妙な空気が。。。。ちーーーーん

 

ああ、なんて余計なことを、まるちゃん。

そっとしておいてほしかったなぁ。

 

そんな時、下の娘が、

「あっ、父の日のお祝い、何もあげてなかった!!」

 

と言うや否や、即興で蝶を制作してプレゼントしてくれました。

f:id:kazusanuchisan:20210623085145j:plain

その様子をしれーーっと見守る上の子。

 

二人とも、年齢に応じて健全にすくすくと育ってくれてるなぁ。

 

月並みですが「それが父の日の最高のプレゼントだと思える日」を私に与えてくれたことが、最高のプレゼントです。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

止まらない工作意欲はついに家の建造まで。自分専用のガムテに興奮!

料理は好きだけど、家具などの組み立ては面倒に感じてしますかずさんです。

 

以前、創作意欲が止まらない下の娘をご紹介させていただきました。

www.kazusanuchisan.com

特に段ボールが大好きなようで、荷物が届くと段ボールを虎視眈々と狙っている様子。

ワインをケース買いすると、分厚い段ボールで届きます。

2つの段ボールで囲いを作り、家に見立てていたんですが、天井が低くて体育座りしかできません。

f:id:kazusanuchisan:20210606110354j:plain

 

そこで、天井を高くするために二段重ねにすることを思いつきます。

 

まずは設計図を書いています。

このあたりにセンスを感じるのは親バカでしょうか。

f:id:kazusanuchisan:20210606110600j:plain

私は安定性を重視し、「かんがえ③」を提案したのですが、中での活動性を重視したい娘は「かんがえ①」を採用。

倒れてしまうことを心配する親をしり目に早速制作に取りかかります。

 

普通のセロファンテープでは強度が足りないと思い、専用のガムテープをプレゼント。

たいそう喜んでくれました。

f:id:kazusanuchisan:20210606111016j:plain

自分専用ですからね、遠慮せずどんどん使っていきましょう!!

 

f:id:kazusanuchisan:20210606111133j:plain

心配していた安定性は、まったく問題なさそうです。

 

f:id:kazusanuchisan:20210606111224j:plain

おお、なんか秘密基地感がはんぱねぇっす。

 

f:id:kazusanuchisan:20210606111337j:plain

完成でーーす!!

 

個室ですね、個室。

これなら中で何をやっていてもわかりませんよ。

電気を持ち込んだら、漫画見放題!!

 

これで、今の私の悩みの種である、子供の個室どうするか問題も解決です!!!

 

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

おやつは自分で作ってるって言ったら驚かれるだろうなぁ。。。

最近料理の投稿ばかりになっていますね。

外出できないから、このくらいしかやることないんだよなぁ。

 

小学生の頃、おやつに何を食べているのかというTVのインタビューに「餅焼いて食べてます」って言ったら、TV局の人にめちゃめちゃ驚かれ、放送後に母にめちゃめちゃ怒られたかずさんです。

 

「餅食べてたのは最近、たまたまでしょ!なんでそんなこと言ったの!!」

 

そんなこと、小学生低学年に言われてもわかんないっす。

その時、たまたまお餅が余っていて、おやつにトースターで食べてたんですもん。

それ思い出して答えただけっす。

 

「ここ一年で、一番よく食べているおやつは何ですか?」って言ってくれなきゃわかんないっすよ。」

 

今、下の娘がインタビューを受けて、同じような質問されたら

 

「自分でバターシュガートースト作って食べてます!」

 

って答えて、驚かれるんだろうなぁ。

 

嫁さんが作ってたのを見ていて、案外簡単だって思ったらしく、

食パンが余っているのを見て、

「バターシュガートースト作ってみたい!」

って言うものですから、2日連続で一緒に作ってみました。

 

参考にさせていただいたレシピはこちらです。

どちらかというと、ラスクの部類になるのでしょうか?

 

まずはパンを16等分に切りましょう。

f:id:kazusanuchisan:20210605153443j:plain

 

それにしてもパンを切るならパン切包丁ですね。

本当に重宝しています。 

 

フライパンにバターを投入して炒めます。

油がはねないかビビっている娘。バターははねにくいし、水分入っていないから大丈夫ですよ。

f:id:kazusanuchisan:20210605153611j:plain

 

砂糖を入れて、溶けた砂糖がピカピカになったら完成です。

 

カロリー少し気になりますが、駄菓子とかを食べるよりは安全安心。

 

あっという間に一人でもできる日がやってくるのでしょうね。

  

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

まるで白米を炊くようにピザを作る。。。ドライイーストがある生活

我が家には炊飯器はなく、圧力鍋で都度炊いているかずさんです。

 

圧力鍋って本当にすごいですよね。

圧力がかかってシュッシュシュッシュ言い始めてから、わずか1分で炊き上がり、あとは蒸らすだけです。

必要な時にお米を炊いて、余ったら冷凍する、これを繰り返して生活しています。

 

まさかそれと同じようにピザ作りをする日が来ようとは。。。

先日、ドライイーストが常備されている生活としてピザ作りを紹介しましたが、実は次の日も娘がピザを作りたいと言い出して、作っていたのです。 

www.kazusanuchisan.com

 

作り慣れてくるとあっという間です。

欧米の人たちは毎日大変だなぁ、なんて思っていたのですが、日本人がお米を炊く感覚でパン作りやピザ作りをしてるんでしょうね。

 

生地作りのほとんどを娘一人でできちゃいました。

粉入れすぎて、手で袋に戻そうとしていたのはご愛敬。

「少しくらい多くても大丈夫だよ」って言ったら、「完璧主義だから」ですって。

 

f:id:kazusanuchisan:20210519080019j:plain

こねるのも一人でできました。

麺類より圧倒的にハードルは低いです。

f:id:kazusanuchisan:20210519080206j:plain

 

本日の具材 

・ソーセージ

・ピーマン

・玉ねぎ

・トマト

・バジル

カニ風かまぼこ

しらす

・鶏の照り焼き

・ジャガイモ

・チーズ(モッツァレラ入り)

・ピザソース

カゴメ 具だくさんピザソース 200g

カゴメ 具だくさんピザソース 200g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

今日はピザソースなしバージョンも作りました。

お薦めはしらすです。

 

ピザ作りしていて一番感じたのは、

「ピザにのっている具って、チーズ以外はすごく少ないんだなぁ」ってこと。

 

新たな具材として用意した、鶏の照り焼き、ジャガイモ、スライスしたトマト、しらすが大量に余ってしまいました。

 

ちょっと乗せただけで場所がなくなってしまいます。

従って、材料費、めちゃめちゃ安いです。

 

 

ということで、家計にも優しい

ドライイーストが家庭に常備されている生活”

 は本気で日常に溶け込み始めました。

 

ピザの宅配を頼むより、作った方が早くない?

カレーには白いご飯じゃなくてナン!

 

という日がやってくるのかもしれません。

  

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

ドライイーストが家庭に常備されている生活。。手作りピザリベンジ編

日用品にストックがあると安心できるので、ついつい家庭内在庫が多くなってしまう、かずさんです。

 

コロナ禍で外食自粛の折、急に「ナン」が食べたくなって自作した話を先日ご紹介させていただきました。

www.kazusanuchisan.com

ドライイーストを買ってきたのですが、3g×10個入り。

使ったのは1.5個。

 

なにこれ、大量に不良在庫になっちゃうじゃん!!

 

って焦ったのですが、ふと「待てよ」

一年前、ドライイーストがなくて、発酵していない生地を使ったピザ作りで、少し残念感を漂わせていたではないか。

www.kazusanuchisan.com

 

これ、ドライイーストが家庭に常備してある生活の始まりになるんじゃね。

 

ということで、下の娘をピザ作りに誘ってみました。

 

「ちょっと、待って。着替えるから」

 

うんうん、汚れてもよい服着てきてね。

って考えてたら、なんとTシャツからワンピースに着替えて登場!!

 

理由は、イタリアっぽい洋服に着替えて雰囲気を出したかったのだそうです。

ごっこ遊びの延長線なのか。女性ならではの感性なのか。

 

とにもかくにも、エプロンを着けて調理開始です。

 

先日「ナン」を作ったばかりですからね。要領はまだ覚えていますよ。

「粉の混ぜ始め」は手にまとわりつきますが、のちのちまとめってくるんですよね。

知ってる、知ってる。もう慌てませんよ。

 

おっと、遅れていれる塩を入れ忘れそうになったじゃないですか。

娘がめっちゃうれしそうに見ています。

なんでも、私が失敗して「やっちゃった顔」になるのがうれしいんだそうです。

 

子供が失敗すると馬鹿にしてきた父親が大っ嫌いで、そうはならないようにと気を付けて子育てしてきたのですが、いつの間にか「ダメ親父」キャラになってしまいました。

 

まぁ、それはそれでいいじゃないか。

 

生地を寝かせるのは15分程度。

その間に具を用意して、切りましょう。

玉ねぎのみじん切り以外は全部、娘が切ってくれました。

日に日に料理が上手になっています。

 

・ソーセージ

・ピーマン

・玉ねぎ

ミニトマト

・バジル

カニ風かまぼこ

・チーズ(モッツァレラ入り)

・ピザソース

カゴメ 具だくさんピザソース 200g

カゴメ 具だくさんピザソース 200g

  • メディア: 食品&飲料
 

 

嫁さんは市販のピザソースが嫌いで、「食べられないかも」と言っていたのですが、おいしく食べられたみたいなので、これ、おすすめです。

f:id:kazusanuchisan:20210516102751j:plain

 

写真撮り忘れてしまったのですが、2枚目はまんまるに生地を伸ばしてました。

「完璧主義だから」ですって。

確かに何度も何度もチャレンジしてましたね。

f:id:kazusanuchisan:20210516102922j:plain

 

具はもっとのせてもよいんですけどね。

娘曰く、「イタリア国旗をイメージしたので、このくらいの配置が良い」のだそうです。

f:id:kazusanuchisan:20210516103017j:plain

一目見た娘は「めっちゃ、おいしそう!」と大はしゃぎ。

これだけで作った甲斐があったというものです。

 

※余談

買っておいてなんですか、ウォーターオーブンって不思議ですよね。

本当に焼けるの?ってちょっと不安になりましたが、見事な焼き上がりでした。

表面の黒い焦げができにくいような気がします。

シャープ スチーム オーブンレンジ ヘルシオ 18L 1段調理 レッド AX-CA400-R
 

 

一年前の生地の味をはっきり覚えてはいないのですが、今回のほうが感動が大きかったので、かなりグレードアップしているのは間違いなし。

昨年はもう一度作ろうとは思わなかったけど、今回はもう一度作りたいって思いますもん。

娘も同じだったようで、前回は何も言わなかったのですが、今回は「明日も作りたい!」って言ってました。

 

ということで、ドライイーストが家庭に常備されている生活

 は順調な滑り出しをみせました。

 

そしてまたひとつ、下の子との時間を楽しめるメニューの完成です!!

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

天気が悪いので公園には行けず。。GWの巣ごもりはナン&バターチキンカレー作り

今週のお題「おうち時間2021」

カレー大好き、かずさんです。

どちらかというと、北インドの濃厚なタイプよりは、南インドのしゃびしゃび系(水っぽいタイプ)をタイ米のようなインディカ米と一緒に食べるほうが好きです。

 

今日はGW最終日、しかしあいにくのお天気。

これは料理するしかないでしょう、ということで台所を覗いてみると、ずいぶん前に買った強力粉が残っているではありませんか。

 

よし、ずっとやってみたいと思っていた「ナン」作りにチャレンジしよう!ということで、こねるの大好きな下の娘に声をかけてみました。

 

粉+こねる、といえば「うどん」

一年前には「うどん」作りにもチャレンジしているので、もしご興味を持っていただけましたら、こちらをご覧ください。

www.kazusanuchisan.com

 

本日の「ナン」作りはkurashiruさんのレシピを参考にさせていただきました。

 

おっと、そうなるとカレーも作らなきゃですよね。

「ナン」に合うのは、私の好きな南インドタイプではなくて、濃厚な北インドタイプです。

昨日バターが安くて2つほど買ってしまったので、バターチキンカレーでも作りましょう。

カレーのレシピは家にある材料と照らし合わせて、こちらのレシピを参考にしました。

 

まずはカレーに使うお肉の下ごしらえです。

f:id:kazusanuchisan:20210505163450j:plain

カレー粉以外に、マイブームのオールスパイス、クミンパウダーを投入。

チキンを投入して、3時間ほど冷蔵庫で寝かせます。

f:id:kazusanuchisan:20210505164102j:plain

2時間ほど経過してから「ナン」作りです。

生地を寝かせる時間は30分程度みたいなので、早く作り始めてしまうと時間が合わなくなってしまいます。

 

最初、めちゃめちゃ手にまとわりついて、大丈夫か?って感じだったのですが

f:id:kazusanuchisan:20210505164315j:plain


バターと投入したあたりからとても良い感じになってきました。

f:id:kazusanuchisan:20210505164516j:plain


30分ほど常温で放置してから、伸ばして焼きましょう。

f:id:kazusanuchisan:20210505164708j:plain


フライパンで焼くだけですから、パンよりずっと簡単ですね。

f:id:kazusanuchisan:20210505164818j:plain


子供に記事を伸ばしてもらっている間にカレー作りです。

基本的には材料を入れて煮るだけなので簡単です。

f:id:kazusanuchisan:20210505164947j:plain


下の子と一緒に試食

何これ、めっちゃおいしいやん!!
 

せっかくだから、外出している嫁さんと上の子をお店に来たように接待しようって話になりました。

急遽、看板を作ってお迎えです。

f:id:kazusanuchisan:20210505165219j:plain

 

さあどうぞ、召し上がれ!!

娘たちにとって、初バターチキンカレーです。

f:id:kazusanuchisan:20210505165430j:plain

 

 

下の子が相当気に入っていたので、また一緒に作ってくれると思います。 

こうしてまたひとつ、下の子との時間を楽しめるメニューに出会うことができました!!

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

上の子は父親離れが順調に。。。誕生日は下の子とクレープ作り

お題「#新生活が捗る逸品」

小学生時代、クレープという食べ物に出会い、衝撃をうけたかずさんです。

 

何この、生地と生クリームとのアンバランス加減は。。。。。

 

クリーム大好き、生クリーム大好きだった小学生の私、ケーキと比べて圧倒的なクリームの量に感激しました。

 

そして、作っているところを見た私は

これ、俺でも簡単に作れるやん!

 

そうです、当時はインターネットで作り方を検索すれば出てくるような時代ではありませんので、見よう見まねで作るわけです。

 

ホットケーキミックスを練って、薄ーく伸ばそうと思ってもうまくいきません。

先ほど食べたのとは似ても似つかない、中途半端に厚い生地。

そして充分に冷めていない状態でクリームをのせるもんだから、

クリームがとけて、だっらぁーーーー

 

大失敗をした思い出、何故だか忘れられません。

 

今はいろいろな商品が出てるんですね。 便利な時代です。

 

 

分量通り粉を混ぜてみたのですが、びっくりするほど「しゃびしゃび(方言です)」

もとい、「水っぽい」状態なんですね。

どおりで小学生時代にうまく薄くならなかったはずです。

こんなうすい状態の生地でよかったんだぁ。

 

下の子が気をきかせて、私の誕生日パーティーを開いてくれました。

一緒にクレープづくりです。

f:id:kazusanuchisan:20210430065449j:plain

先に焼いて冷まさないと、またひどい目にあいますからね。

そこはさすがに学習済みですよ。

 

具を作りましょう。

今日はデザートではなくて主食も兼ねています。

f:id:kazusanuchisan:20210430065817j:plain

たまごやツナで、いわゆるサンドウィッチの具的なものを作りました。

自分の好みで具を入れて巻きましょう。

トマトが良い感じのアクセントになってくれます。

f:id:kazusanuchisan:20210430070038j:plain

 

上の子は塾に行っていたので、下の娘と二人でパーティーの準備です。

 

上の子が忙しいという理由も強いのですが、この手の準備などは下の子と二人で行うことが増えてきました。

 

上の子は順調に父親離れをしていっています。

父親としての役割と、父親だからこそ入っていかない方が良い領域と。

そろそろ気を付けていかなければならないと感じる、今日この頃です。

 

そして、もうしばらくは下の子との時間を楽しみたいと思います。

 

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

軽くディスってしまったオールスパイス 実は子供も大好きだった

お題「#新生活が捗る逸品」

 

新型ウィルスが蔓延しているコロナ禍、若年層にもかかりやすいということで、ますます外食は控えるようにしているかずさんです。

 

ですが、元来おいしいものを食べるのは大好き。

最近ですと、「ほたるいかの沖漬け」をお取り寄せしました!!

 

珍味系だけでなく「大人向けのスパイスの利いた料理を食べたい」ということで子供でも食べられる、スパイスのきいた料理を模索する毎日。

 

そんな中で、先日軽くディスってしまったオールスパイスを使った、子ども受けした料理をご紹介したいと思います。

ちなみに軽くディスってしまったときの記事はこちらです。

ご興味持っていただけましたら、ご覧ください。

www.kazusanuchisan.com

 

ちなみにこれがオールスパイスです。

挽(ひ)き肉料理やシチュー、トマト料理と相性がよいほか、クッキー、フルーツケーキなどの焼き菓子にも合い、とても用途が広いスパイスです。

フトモモ科の植物で、名前の由来はシナモン、クローブナツメグの香りを併せ持っていますので、いくつものスパイスをストックするのは面倒、という方にこそぴったりかもしれません。

 

いまいち子ども受けしなかったタンドリーチキンに入れてみた

仕事でインドに行くことがあり、その時からはまったタンドリーチキン。

何度か手作りしたのですが、いまいち子どもにはウケがありませんでした。

 

大きな要素として「辛さ」がじゃましていたように思います。

 

スーパーで手羽元が安く売っていたので、久しぶりに作ってみました。

下の子とお留守番だったので、一緒に作ってみます。

 

f:id:kazusanuchisan:20210413080603j:plain

といっても、ただ単に調味料混ぜて漬け込んで、オープンレンジで「ピッ」で終わりますからね。

料理といえるほどではないんだと思います。

 

わたしはいつもコウテンケツさんのレシピを使わせていただいています。

 

スパイシーさを求め、ガラムマサラなどを追加していたのですが、辛くないけどスパイシーになるようにカレー粉控えめでオールスパイスを追加したら、大ホームラン。

 

いつも子供用に、照り焼きも同時に作っていたのですが、今回はその必要はなく爆食いしてくれました。

投入した量、適当だったのですが、おおよそ小さじ1と1/2くらいだったでしょうか。

 

壁に当たっていたハンバーグ作りにも劇的な変化

最初、ハンバーグはパン粉は使わず、豚肉だけで作る、今泉久美さんのレシピを活用していました。

 

これはこれでおいしいのですが、牛肉を使った肉々しいハンバーグが食べたくなり、大昔に買った「男の料理」という本に載っているレシピでチャレンジです。

 

ハンバーグのポイントは、ひき肉を自作することにあると思うんです。

しかし、すべての肉を自作するのは難しかったので、牛豚合ひき肉に自作の牛ひき肉を追加する方法をとりました。

これが大成功!!

 

臭みを消したかったのと、スパイシーさを出したくて、オールスパイスを多めに投入したのですがこれが良かったらしく、子供たちから、

 

「今まで作ってくれたハンバーグの中で一番おいしい!!」

 

をもらいました。

 

もっともっと使い道がある筈ですので、子供たちと一緒に料理を楽しみながら見つけていきたいと思います。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村