子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

一日三食 朝食はしっかり食べよう は成長期の若者向けの常識では

「空腹は最高のスパイス!」という言葉に最大の賛辞を贈りたいかずさんです。

 

だからといって、断食して何日も食べないのは絶対にやってはいけません。

 

私は数回、3日間の断食を実施した経験があるので、その体験談は後日記事にしたいと思いますが、断食をするのは注意が必要です。

 

先日、私の大好きな「中田敦彦YouTube大学」で紹介されていた

「空腹こそ最高のクスリ」を実践していることについて紹介したわけですが、

www.youtube.com

 

このおかげで、毎日

あぁ、お腹空いたなぁ。さぁ、ご飯を食べよう!

なに、このご飯、めっちゃおいしいやん!!

を実践できており、充実した食生活を送っています。

 

たまに朝食をとるときもあるのですが、しっかり食べると、消化が間に合わないのか、12時なってもお腹は空かないんですよね。

 

15時頃に少しお腹が空いてくるわけですが、我慢すればすぐに夕食です。

結局、朝食をとったとしても一日二食の生活になっています。

 

どうしてなのか、その理由、知っていますか?この悲しい事実を。。。。

そう、ずばり「加齢」が原因です。

 

またかよ、体にガタがきてるってことじゃん。!!

そのとーり、それがまごうことなき現実なんだよ。

 

加齢とともに胃腸の働きは衰え、消化に時間がかかるようになります。

 

若者であれば、胃の中に入った食べものは胃液とまざって粥状になり、平均2~3時間程度で消化されるんですってね。

つまり、食事をとってから3時間後には、胃の中は空っぽとなりお腹がペコペコの状態になってしまうわけです。

 

朝食を8時にとっても、12時になればお腹はペコペコ。

12時に注力をとっても15時になればお腹はペコペコ。

 

だから成長期の子ども達には「おやつ」が必要なんですね。

納得できます。

 

そして、わたしにはおやつが必要ではないことがよーくわかりました。

確かに食べたいって思ったことねーわな、最近。

 

しかし、いくら若くても油脂分の多い食べ物は消化するのに4~5時間を要してしまうそうですよ。

 

おやつをたくさん食べたから夕ご飯の時間になってもまだお腹が空いていない、といっているお子さんがいたら、それは「量」というよりも「内容」が悪かったということになります。

 

甘いケーキやチョコレートなどは、多くは油脂分を多く含んでいるので、気を付けたほうが良さそうですね。

 

果物など消化の良い食べ物であれば、多少食べ過ぎてしまったとしてもすぐにお腹は空くはずなんです。

 

もちろん、成長期の子ども達がダイエットするのであれば、「一日二食、16時間何も食べない」ようなダイエットはしてはいけません。

逆に一定の年齢を迎えたら、胃腸を休めてあげることを考えたほうが良さそうですよ。

 

 

「胃がもたれる」とか「胸やけがする」なんて、若いころは意味わからなかったですもんね。

 

もしかしたら、これが胃がもたれるってこと?

⇒はいそうです、食べ物の消化が悪くて起こる不快感が「胃がもたれる」ってことですよ!

 

なんか胸がヒリヒリするなぁ?これが胸やけ??

⇒胃酸が上がってくるような痛みや違和感は、胃酸の逆流によって食道の粘膜が刺激されることが原因で、肥満や加齢が原因ですよ!

 

ちなみに、固形物を取らなければ、ある程度胃は休められるそうです。

 

空腹で頭が回らないといった症状があれば、スムージー酵素ドリンクなどにしてみると良いみたいです。

 

あぁ、年は取りたくないですねぇ。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村