子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

一日二食ダイエットのその後 ご報告します。昼食抜き⇒朝食抜きへ

2年くらい前に、ダイエットについて執筆させていただきましたかずさんです。

 

その時は、ただ昼食を抜くだけで3kgの減量に成功したと報告させていただきました。

www.kazusanuchisan.com

 

しかし、コロナ禍で子供が家にいるようになると、一緒に3食とるような感じになり、さらには外出自粛による運動不足などが重なり、若干リバウンドしてしまいました。

 

75.5㎏ ⇒ 72.3㎏ ⇒ 73.9㎏

 

学校の休校が明けた後は、子ども達と一緒に昼食を食べる土日を除き、なるべく一日二食の生活を続けていました。

しかし、体重にほとんど変化がない毎日が続きます。

 

そんなおり、私の大好きな「中田敦彦YouTube大学」で紹介されていたのが、

「空腹こそ最高のクスリ」を紹介する回。

www.youtube.com

簡単に説明しますと、一日二食にするだけでなく、16時間何も食べない時間を作って、消化器官を休ませ、細胞を活性化させようっていう話です。

 

16時間何も食べない状態が続くと、人の体は自分の体の中のエネルギーを使って動こうとします。

 

まず最初に、肝臓に蓄えられたグリコーゲンを使って、エネルギーを作ります。

それもなくなってしまうと、今度は脂肪を分解して、エネルギーに変えようとします。

特に内臓脂肪は、皮下脂肪に比べて落ちやすいみたいなんです。

 

脂肪が分解されると、血液中の脂質も減ります。

そうなると、圧迫されていた血管が解放され、血液中の糖質も20%程度減っていきます。

 

空腹時間が長くなればなるほど、体はリフレッシュ(オートファジーという)されていくわけですね。

これって、凄くないですか?

このダイエット方法の一番良いところは、16時間食べない時間を作りさえすれば、何を食べても良いですよってことなんですよ。

 

ラーメンも、揚げ物も、炭水化物も遠慮しなくていいです!!っていうんですから、こんなに嬉しいことはないですよね。

 

土日はなかなか難しいので、平日のみですが16時間食べない時間を作るダイエットスタートです。

 

昼食は12時以降に食べる 夕食は20時までに食べ終わる 

 

これを守り続けてみました。

 

一番きついのは、朝8時から9時くらいの間で、めっちゃお腹が空きます。

でもこの時間を乗り越えると、空腹を感じなくなります。

 

朝はとにかく水分とって我慢、我慢。

 

その結果、2ヶ月くらいで

 

73.9㎏ ⇒ 70.8㎏ なんと3.1㎏減!!

 

一番驚いたのは、少し出ていたお腹がへっこんだということ。

内臓脂肪、減ってんじゃね??

 

次の健康診断、もう期待しかないです。

 

江戸時代までは一日二食だったわけですしね。

代謝が悪くなる中年になったら、一日二食、16時間食べない というのは、体にとっても良いんじゃないでしょうか。

 

健康診断の結果がどうなったのか、忘れていなければ後日、ご報告させていただきます。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村