子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

となりのトトロを観て初めての号泣 心情は映画の見方を変える

あなたの好きな映画、トップ3はと聞かれたら「チャンプ」というボクシング映画をランクインさせているかずさんです。

 


そんなに有名な映画ではありません。

中学生の頃だったでしょうか、夜中にやっていたのを何気なく見ました。

その頃の自分の琴線に何かが触れたのでしょう。

ひとり、夜中に号泣する自分がいました。

 


少し「がんばれ元気」という漫画に似ているんですよね。

この漫画も大好きです。

ネタバレするので控えますが、公園のシーンは号泣必須です。

 


当時、貧乏だったからなのかなぁ。

父親と仲が悪かったことの反動なのかなぁ

 

理由はとにかくわからないのですが、この2つの作品は、私の心を突き刺してくれました。


好きな映画、トップ3の他の二つは「フィールド・オブ・ドリームス」と「アンタッチャブル」なんですが、この2つは何度も何度も繰り返し観ました。

 

でも「チャンプ」は一度しか観ていません。

なんか、あの時の自分とセットになっている気がして、良い思い出のままにしておいた方がよいんじゃないかって思っています。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、先日TVで「となりのトトロ」を家族で鑑賞しました。

子どもができるまで観たことはなかったのですが、子どもができてからは何十回も観ています。

 


上の子が幼児の頃、大好きだったので何度も何度も繰り返し観たのですが、必ずメイちゃんが迷子になるシーンで号泣して、鑑賞終わり。

でもまた観たいというのを繰り返していました。

 


イメージとしてほっこりする映画だという認識だったのですが、今回観て気付いたのが、この映画、よく考えたらお母さんが入院中でお父さんがワンオペ育児している映画だったんですよね。

 

メイ「お母さん、メイのおふとんで一緒に寝たいって」

サツキ「あれっ、メイは大きくなったから、一人で寝るんじゃなかったの?」

メイ「お母さんはいいの!」

 


ここの場面、なんてことはないシーンで、今まで完全にスルーだったのですが、号泣してしまいました。

 


うちの下の子もお母さんと一緒に寝たがってるんですよね。

退院したら一緒に寝るんだって、それはもう、何度も何度も聞かされたなぁ。。。。

 


あれっ、涙がとまらない。。。トトロって泣く映画だったっけ???

 


映画が終わり、エンドロールでおかあさんが退院した後のシーンがイラストで紹介されているのですが、それを観ながら

 

「お母さんの病気が治って、本当に良かったなぁ」

 

って、しみじみ感じる自分がいます。

 

結果、何度も観たことあるから知っとるやんけ!!

 

上の子、態度には出さないけど、さつきちゃんみたいに気丈に振舞おうとして無理してるんだろうな、なんて思ってしまい、また号泣。

 


大病すると人生観が変わるっていう話、よく聞きます。

自分が大病を患ったわけではないのですが、今絶賛人生観がかわりつつある状況です。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村