子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

今度は股間を蹴り上げられたような痛みが。40歳半ばで”ガタ”がきた

こんにちは、自分の予定を忘れてしまうようになってしまったかずさんです。

 

若い頃は、少し先の予定まですべて頭の中に入っておりまして「手帳ってなんであるんだろう?必要性がまったくわからん!!」なーーんて偉そうに思っていたのですが、今や手帳がなかったら、完全にOUTです。

 

何事もそうですが、自分がなってみないと「本当の意味がわからない」ってこと、多いですよね。

それこそ「子育て」とかね。

 

「混雑した電車でのベビーカー問題」なんかも、ベビーカーを利用したことがある親からは絶対に出てこない意見ですもんね。

とっさに子供を抱っこして、ベビーカーをたたむなんて簡単にできないよなぁ。

助けてあげようと思ったこともあったのですが、怪しい人に思われそうで、その時は躊躇してしまいました。

それは今でも後悔しています。

 

「どれだけ相手の立場になって考えられるのか」ったことが本当に大切なんだと思いますが、でもやっぱり体験した人には叶わない。

であれば、体験した者の務めとして「必要性がわからん!!」なんて言っている生意気な若者を温かい目で見守りつつ、「君がそうなって気付いたときに困らないように道を整備しておいてあげよう。」って感じで問題に取り組むべきなんでしょう。

 

ちょっと押し付けがましくなってしまいましたが、体に”ガタ”が来た後輩たちが、このページにたどり着き、少しでも参考になったと思えるように綴ってみたいと思います。

ジーンズ由来?男性にしかわからない痛みが。。。

ある日、出かける際にいつものようにジーンズを履いて(決してピチピチではない)歩いていたら、股間を蹴り上げられたような感覚が。

そうです、”睾丸”が痛いんです。

 

実は今までもそういった感覚に襲われたことがありました。

自分特有なのかもしれませんが、少しきつめのジーンズを履いた時にそのような状況になったことが。

そういったケースの場合、ジャンプして上にあがったものを下げることで解決するのですが、今回はそれでは治りません。

 

???なんだろう???

でも痛いほどではないし、まぁいいか。と流してしまいました。

 

一向に良くならない痛み。不安に襲われる。。。

帰宅して部屋着に着替え、解放してあげたのですが一向に治りません。

今までであれば、ここで確実に痛みはなくなるはずです。

とたんに不安に襲われました。

年齢を重ねると、経験値があがるので大概のことには対処できますが、初めてのことがおこると、とたんにダメですね。

年齢が高くなると、泌尿器系のトラブルが増えますし。

 

現代人の悪い癖、すぐに検索で問題解決を図ります。

すると。。。。

 

重症であればこの程度の痛みでは済まない

重症であれば、この程度の痛みと症状では済まされないことにまず気付きます。

 

精巣上体炎:細菌が侵入して痛くなる。発熱を伴う

精巣捻転:ねじれによる血流障害。吐き気や嘔吐を伴う

精巣炎:思春期におたふく風邪との合併症で発症

精索静脈瘤:静脈のこぶ。一般的に無症状

精巣腫瘍:陰嚢のしこりや腫れで発見される

 

一番可能性のありそうなのは「精巣腫瘍」ですが、しこりや腫れは見つかりませんでした。

どうやらこのあたりの病気ではなさそうです。

調べを進めていくと、痛いのは下腹部なのかも

痛みの感じ方が「股間を蹴り上げられたような痛み」。

どうしてそう感じるのか。

冷静に痛みについて観察してみたところ、もしかしたら痛いのは”睾丸”そのものではなく”下腹部(足の付け根)”なのではないかと思いました。

 

検索ワードに”下腹部”を追加して調べてみました。

・病気ではなくても痛みを感じることがある

・何らかの原因で血流が滞って発生している可能性がある

・基本的に”癌”は痛みを伴わない

 

突発性の場合、病院に行っても「様子をみましょう」となることが多い、とのことで

わたしも様子を観ることにしました。

「血流を良くした方がいい」とのことでしたので、お風呂に入り、体操をして、寝ることに。

 

すると翌日には痛みは引いていました。

いったい何だったのでしょうか??? 

健康診断では何もわからず

一か月後くらいに、一年に一度の健康診断があったので、先生に相談してみたのですがあまり心配するようなことではないとのこと。

念のため、癌を検知するための血液検査なども行いましたが、危険な数値がでるようなことはありませんでした。

 

血流の阻害=コレステロール値が高い が原因なのでは?

健康診断で最も指摘されたのは、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスの悪さ。

このまま放置していると、動脈硬化を引き起こす恐れが高いとか。

血管壁の内膜にLDLコレステロールなどが付着して血管を狭くし、血液の流れを妨げてしまうようです。

 

説明されたときはなんとなく聞き流しておりましたが、ふと考えると、今回感じた股間を蹴り上げられたような痛みが血流に原因があるのだとしたら、もしかしたらコレステロールが影響しているのではないか。

 

数年前に血管の検査をした時には、年齢相応の血管で大きな問題はなかったのですが、それから数年が経過し、もしかしたら血管に問題が生じてしまってきているのかもしれません。

だとしたら一大事です。

次の健康診断では、血管について調べてもらう必要がありそうです。

 

結論:まずは体質改善が急務

適度な運動と食生活の改善。

誰もがわかっているのに、なかなか取り組むことが難しい、現代人永遠のテーマです。

子育て、まだまだ頑張らなければなりませんので、健康第一。

これから現代人永遠のテーマについて、取り組んでいきたいと思います。 

 

40歳半ばで急に”ガタ”がきたシリーズ、いつまで続くんでしょうか。

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村