子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

出張先熊本で子育てに行き詰まったかもしれない心をリフレッシュ

こんにちは、ジビエ大好き、かずさんです。

 

普段はどうしても食べるものを子供に合わせる必要がありますので、自然に「大人味」からは遠のいてしまっています。

出張先では、それをまったく気にしなくて良いので、それだけで”うきうき”しちゃいますね。

 

何を食べようかなぁ。。。。。ってね。

 

やっぱ、馬刺しだよなぁぁぁぁ!!

 

嫁さん、ジビエは好きなんですが、馬刺しはあまり好きじゃないみたいなんですよね。

 

ということで「馬刺し」を食べに行くという目的にすっかり形を変えた「熊本出張」について綴ってみたいと思います。

 

熊本での最大の目的達成へ。いざ、馬刺し!!

仕事は夕方早々に終わり、ホテルに向かいます。

17:30には部屋に到着。さすがに普段はこんなに早く仕事は終わらないですからねぇ。

どうしたら良いのか、”おろおろ”しちゃいましたよ。

そうそう、馬刺しを食べに行くんでした。すぐに行きゃあいいんですよ、すぐに。

 

ホテルの近くで調べてみたら、さすが本場!素敵なお店がいっぱいありますねぇ。

迷ったのですが「むつ五郎」さんに行くことにしました。

お店に到着したのは18:00少し前でしょうか。そしたらなんと

満席じゃぁあーりませんか!! 何で? ここ東京の新橋??

皆さん、何時から飲んでるんでしょう???

 

「この時間で満席ということは、しばらくあかないなぁ。どうしよう。。。」

すると、そんな心情を察してか、お店の方が、

「すいませーーん。外で少しだけ待っていてもらえませんか!?」

なるほど、外に少し席が置いてあります。

「すぐにはあかないだろうけど、しかたがない。待つことにするか。そうだ、今のうちに”ウコンの力”でも飲んでおいて明日に備えよう!!」

 

近くのコンビニに行った時間、約10分。

お店に戻ると、店員さんがお店の前にいらっしゃって

「あっ、戻って来た!!お席空きましたよ!!」ですって。

 

「おいおい、もう帰った人いるの?いったい何時から飲んでるんだよ??」

って心の中でかるく”つっこみ”をいれつつ、わざわざ探してくれていたお店の方の”親切”がさっそくこころに刺さりました。

「あぁ。お店を変えたりしなくて良かった。」

 

早速「馬刺し」を頼みましょう。

霜降り馬刺し」と「たてがみ」を頼みました。

f:id:kazusanuchisan:20191218070248j:plain

なんか、いつも食べている馬刺しとは”見た目”からして全然ちゃいますわ。

めっちゃ、うまーーーーーーい!! 何これ?? こんなに違うの???

これはレバーもいくしかないっす。

f:id:kazusanuchisan:20191218183812j:plain

美味しーーーーーーーい!! タレ、絶妙!!!

いやーーーぁ、これだけの為にでも来る価値、ありますよね。

f:id:kazusanuchisan:20191219061256j:plain

お刺身も頼んじゃいました。

とっても美味しかったんですが、馬刺しにしておけば良かったかなと、少し後悔。

 

熊本、満喫です。

子供が大きくなったら、家族と一緒に来たいです。このお店なら絶対に続いていると思いますし。

将来の夢がまたひとつ増えて大満足です。

せっかくの熊本、夜中に”昼食の無念さ”がよみがえる!!

一人飲みなんで、食べるもの食べて、飲むもの飲んだらやることなくなってしまいました。

「そっか、私の前の人も17:00頃から飲んでいたら、18:00過ぎには終わっちゃったんだな。」

ホテルに戻ったのは19:30くらいだったでしょうか。

例によって例のごとく、ビジネスホテルライフを満喫し、追加で何本か”ハイボール”を飲んでいたのですが、”小腹”が空いてきてしまいました。

 

「そういえば、お腹にたまりそうなもの、何一つ注文しなかったなぁ」

「つまみでも何か買ってこようかなぁぁ。んんっ、そうだ、昼間には時間がなくて行けなかった目的をここで果たそう!!」

 

普段ならぜったいにやらないと心に誓っている、深夜のラーメン。

出張という非日常が、わたしを禁断の聖地に連れて行ってしまいました。

残念ながらホテルの近くに有名店の類はなくて、うろうろ散策してとあるお店に入り、オーソドックスなラーメンを注文したのですが、お味はというと。。。。。

 

「うーーーーん、馬刺しのような感動はないなぁ。」

自分でも少し意外だったのですが、散々飲んだ後ですしね。味覚も狂っているんでしょう。

熊本ラーメンはわたしの口には合わない!?

次の日は朝から講演が入っておりましたので、おにぎりひとつほおばりながら会場に。

お昼過ぎには仕事は終わってしまいました。

そう、これからはフリータイムです。このくらいのスケジュールの出張、最高ですね。

 

「何しようかな、そういえばお昼ご飯の時間だなぁ。」

「そうだ、昨日のリベンジをしよう!」

 

熊本城に行きたかったので、熊本大学から熊本城の間にある「熊本ラーメン」の有名店をネットで探し、いざリベンジ!!

だったのですが。。。。

f:id:kazusanuchisan:20191219093513j:plain

美味しいには美味しいのですが、やっぱり、”感動”が。。。。あれっ?どうしてなんだろう??

もしかして、わたしの”とんこつラーメン好き”って、東京風にアレンジされた”とんこつラーメン好き”だってんでしょうか。

博多に行った時は感じなかったんだけどなぁ。

 

ちょっぴり残念な終わり方でしたので、もう一度再訪してリベンジ果たしたいです。

熊本城は復興半ばでも荘厳のひとこと

始めてきたのは高校の修学旅行の時。

理由は忘れてしまったのですが、中に入ることはできず。

それでも”石垣の荘厳さ”が鮮烈に記憶の中に残っていました。

いつか行こう、行こうと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず。

そんな中でのあの地震でした。

”縁がない”のかなぁと思っていた矢先の出張決定。

これも何かの”縁”なのかももしれませんね。 

f:id:kazusanuchisan:20191219094927j:plain

崩れた石が並べてありました。

これをひとつひとつを戻して行くんですね。復興にあたっている方々って本当に凄いです。

f:id:kazusanuchisan:20191219094105j:plain

石垣が崩れてしまっている様子が見えますね。

f:id:kazusanuchisan:20191219094700j:plain

石垣は構造上、崩れてしまっても建物の重みのバランスで四隅は残る設計になっているらしいですが、それにしてもよく残ってますよね。
昔の人の技術って、ほんと凄いです。

f:id:kazusanuchisan:20191219095134j:plain

中に入ることは出来ませんでしたが、来ることができて本当に良かったです。

日本の古くから伝わる技術の高さを目の当たりに体感することができました。

復興したら、絶対に戻ってこよう!

ここで強く決意した次第です。

空港に行く途中にあったので寄ってみた”水前寺公園

庭園にはあまり興味はないのですが、どうも熊本城から空港に行く途中に水前寺公園があるようなので、せっかくだし、と思い行ってきました。

f:id:kazusanuchisan:20191219095656j:plain

どうやらわたしも年をとったようです。

こういった庭園の良さがすこしだけですが、わかるような気がしてきました。

子供には申し訳ないですが、こういったところはひとりがいいですね。

いや、満喫しました、熊本出張。

絶対に再訪したいです。

ひとりで来たおかげで、なんとなく「自分の人生の中での今の立ち位置」を知ることができました。

なんとなく行き詰まってた心が一人旅でリフレッシュ!!

同感してくれる人、いてほしいなぁ。

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村