kazusanuchisan’s diary

子どもと接するのが苦手な父親の子育て日記

子連れで古民家に泊まりたくて。。沖縄本島・備瀬のフクギ並木通り

こんにちは、縁側大好き、かずさんです。

 

竹富島での体験が忘れられなくて、沖縄の古民家にどーーーーしても泊まりたくなってしまいまして。。。。

 

どうしても行きたかった渡嘉敷島と古民家への宿泊。

今回の沖縄旅行は欲張って2つのテーマを詰め込んでしまいました。

 

結果、全体としてバランスの悪い旅行になってしまいまして、大きな反省となったわけですが。

 

さらにさらに。。。 

「いつものことじゃん」と言われてしまいそうですが、わたしだけが大満足となってしまったような気がしてなりません。

 

どうしてそんなことになってしまったのか、その様子を綴ってみたいと思います。

途中で美ら海水族館に寄ってみた

2度目の美ら海です。

下の子にとっては初めてかな?ここは何度来ても楽しいですね。

f:id:kazusanuchisan:20190928074543j:plain

しかし、日差しを遮るものがほとんどなくって暑いですね。

お天気が良くて文句言っているなんて、贅沢な話です。

f:id:kazusanuchisan:20190928074637j:plain

美ら海といえばジンベイザメ。ですよね。

f:id:kazusanuchisan:20190928075129j:plain

楽しいもんだから、すっかり遅くなってしまいました。

詰め込みのスケジュールはこれだからいけません。

 

 

琉球古民家にあこがれて「ちゃんや~」さんにやってきた

備瀬のフクギ並木の真っただ中にあり、細かなところまでナビが案内できるような状況ではなく、道も細く、すっかり迷ってしまいました。

 

電話をかけて、場所を説明してもらい、なんとか到着。

車の移動になれていないこともあり、子供達はすこし疲れてしまった様子。

 

もちろん駐車場も狭いので、運転があまり得意でない方(つまりはわたしの事なのですが)は、あまり大きな車をレンタルしない方が良さそうです。

 

すっかり夕暮れ時になってしまいました。

構想ではもっとのんびり過ごすつもりだったので、すこし残念です。

f:id:kazusanuchisan:20191004055550j:plain

波の音が聞きたかったので、海岸沿いのお宿 ぎゆ~や~ 【離れ客室 定員8名】を予約。

【 朝食あり 夕食なし 】 長寿県沖縄のヘルシーモーニング!というプランです。

 

「海岸沿いのお宿」と謳っているだけあって、すぐそこは海岸です。

海水浴場ではないので泳ぐような雰囲気ではありませんが、逆になんとも言えない風情があります。

f:id:kazusanuchisan:20191004062316j:plain

海辺で戯れる至福の時間。子供達と過ごすかけがえのない時間。

沖縄に来ると必ず味わえるこのひとときは、わたしにとってかけがえのない思い出を演出してくれます。

やっぱり、もうすこし早く到着する予定をたてるべきでした。

 

備瀬のフクギ並木通りの朝の散歩が極上だった  

恒例の朝活。

真っ暗な時間から散歩のスタートです。

真夏ではありましたが、さわやかな空気感がそこにはありました。

 

真っ暗な夜道もそれはそれで、非日常感を味わうことができましたが、暗いながらもすこしづつ明るくなっていく様。

明けない夜はない!!を体感。

朝はいいですね。

f:id:kazusanuchisan:20191004065711j:plain

さあ、朝日を拝みに行きましょう!!

f:id:kazusanuchisan:20191004070135j:plain

朝日を体いっぱいに浴びましょう。

f:id:kazusanuchisan:20191004070306j:plain

終点まで到着。

f:id:kazusanuchisan:20191004070434j:plain

帰り道は海岸沿いを歩いてみました。

f:id:kazusanuchisan:20191004070530j:plain

夕暮れの雰囲気とはまるで違いますね。

朝のこの時間を堪能したくて訪れたわけですが、子供達やよめさんは朝起きないのをわかっていたはずなので、それを考えれたら来るべき場所だったのかどうか。

 

またまた自分のエゴを貫いてしまったようです。

来るべき季節を間違えた

結論から言いますと、夏ではない季節にもう一度ゆっくりと訪れたいです。

 

夜ご飯を食べる場所が近くにないということで、ちゃんや〜さんにお願いしていたのですが、食事会場がとにかく暑かった。

 

繁忙期でなければあのようなことにもならなかったであろうし、何よりももっとゆったりとできたはず。

 

海に入るわけではないし、夏である必要は無かった。

 

例えば、ここを拠点に古宇利島巡り。

 

古宇利島の北に位地するティーヌ浜には、『ハートロック』と呼ばれるハート型の岩があって、古宇利島が『恋の島』と呼ばれるようになった理由の場所なんだそうです。


ジャニーズのグループ「嵐」が CM撮影した場所としても有名なんですね。

 

ここは、ライフセーバーが常駐していませんし、クラゲ防護ネットがないので海水浴というよりは、ハートロックやサンセットなど、景色を楽しむのに適したビーチだということですし、暑い時期じゃない方が堪能できるかもしれません。

 

一直線に伸びていて、まさに空に昇っていくかのような錯覚になる古宇利島大橋のドライブも有名ですが、これも夏である必要はありません。

エメラルドグリーンの海は天気さえよければ愉しめますもんね。

 

「体験ダイビング」のスポットとしても有名ですが、これも夏である必要はありません。

北側沖にミドリイシサンゴや琉球キッカサンゴ・ソフトコーラルの群生があってお魚たちをみることができて、西側にはクレパスやプチ洞窟や絶壁など、これまたダイビングの醍醐味である地形が愉しめるポイントがあって。

本島の中では絶好の場所と言えそうです。

 

まだまだ観光スポットはあります。

世界遺産「今帰仁城跡」

日陰はほとんどなさそうですから、真夏の観光は厳しそう。

すこし涼しくなってからの方がゆっくり観光できるんだと思います。

 

旅行料金も安くなる季節に、2泊3日あたりで観光するにはちょうど良さそう。

来る目的に応じて、季節 は吟味すべきかなと感じました。

最後は「まんじゅまい」でしめる

最後の日は飛行機に乗るだけだったので、昼食をとるために「まんじゅまい」さんへ。

f:id:kazusanuchisan:20191005065619j:plain

相変わらずの美味しさです。

f:id:kazusanuchisan:20191005065645j:plain


こうして反省だらけの沖縄旅行は終了。

 

沖縄の楽しみ方はビーチだけではありません。

正直、2月の沖縄は少し懲りたのですが、海水浴シーズンではない時期に訪れることによって愉しめることもたくさんありそう。

 

思いつきでふらっと行ってみたくなりました。

台風シーズンが終わる11月あたりがねらい目ですかね。

どうやら湿気も少なくて晴天が多く、長袖シャツを着るくらいがちょうどよい季節のようです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村