kazusanuchisan’s diary

子どもと接するのが苦手な父親の子育て日記

子連れで宮古島旅行 吉野海岸と海浜公園でシュノーケリング三昧

こんにちは、シュノーケリングが大好きなかずさんです。

 

大型の観光地開発が行われる前に「宮古島に行きたい!」となり、やってきました「宮古島」。

 

前半は宮古島東急ホテル&リゾーツ からは出ずにのんびりと。

後半はレンタカーを借りて有名な宮古島シュノーケリングポイントを二ヵ所廻ってきましたよ。

 

吉野海岸でシュノーケルをしよう!

レンタカーで吉野海岸へGO!

所要時間は30分から40分くらいでしょうか。

 

道は空いているので、距離はあるように見えても案外早く到着します。

でも、これからもっと観光客が押し寄せるようになったらどうなるんでしょうね。

少し心配です。  

f:id:kazusanuchisan:20190703064756j:plain

目の前にシュノーケリングポイントが広がっています

駐車場で車を停めて、海岸の近くへは送迎してもらいます。

大型の観光バスが停まるような感じの場所ではありません。

 

クルーズからのお客さんは来ないのでしょうか。余計なお世話ですが、気になります。

 

奥にパラソルが見えておりますが、お借りしました。

日陰は無いに等しいので、借りた方が良いかと思います。

f:id:kazusanuchisan:20190907212104j:plain

ローカルな雰囲気は満載ですが、売店、トイレ、シャワー、更衣室など一通り揃っているので快適に過ごすことは出来ます。

但し数が少ないので、本気の繁忙期は大丈夫かな??と心配になります。

 

上記写真の看板の文字、見えますか?

ウエットスーツ、ライフジャケット、シュノーケルセット、シューズ、フィンなど一通り借りることができます。

 

わが家はライフジャケットとマリンシューズ、グローブは持参です。

珊瑚が多いので、マリンシューズとグローブがあった方が安全だと思います。

3シーズングローブ マリングローブ AQUALUNG アクアラング 70%OFF半額以下 丈夫な生地使用 ダイビンググローブ ネコポス メール便対応可能 手の保護や紫外線防止に便利 楽天ランキング人気商品

価格:1,890円
(2019/9/17 06:24時点)
感想(89件)

 

下の子は上履きをマリンシューズの代用で使いました。無問題でした。

 

それからライフジャケットですが、そんなに高価じゃないので、頻繁に海に行く人は買ってもよいんじゃないかな。

救命胴衣でなければ、1000円~3000円くらいで買えます。

普段使いはそれで充分です。

AQA ライフジャケットインファントDX3 KA-9022 *幼児用・枕部付き/目安体重15kg以下/目安胸囲50cm以下 *目立つ色柄の3色展開 *即日発送可能/あす楽対応可

価格:2,797円
(2019/9/16 17:40時点)
感想(0件)

 

ちなみに子供が使っているひとつはお台場のマリンショップで、一つは近所のスポーツ用品店で購入しました。

 

海は、浅いところからすぐにサンゴ礁が広がっていて子供も安心

これが一番ですね。

 

シュノーケリングが出来なくても、水中観察用のぞきメガネでお魚を観察することが出来ました。

【あす楽対応】REEF TOURER シュノーケル 子供 キッズ ワイドビュースコープ RA0506 水中観察・お魚生物観察バケツ リーフツアラー のぞきメガネ 潮干狩り マリンスポーツ ランキング入賞

価格:1,166円
(2019/9/17 06:26時点)
感想(67件)

 

熱帯魚の数と種類も多い。 カクレクマノミ(ニモ)も発見できましたよ。

 

穏やかな入江で安心の「イムギャーマリンガーデン」

宮古島の南側にある海浜公園です。

入り江になっている自然の海岸線を活かした公園になっています。

 

遊歩道を散策したり、展望台から眺望したりすることもできますし、駐車場もあるので、ここはクルーズ船からの客が流れ込みそうですね。

 

外海から隔離されている形になっている入り江の中は、正に自然のプール。

私が行った時は波がほとんどありませんでした。

 

深さはあります(最深15m)ので、気を付けなければいけませんが、沖に流されてしまうことはないのでライフジャケットさえ着ていれば安心。

 

ハブクラゲもいなさそう。そこは吉野海岸と違って安心感がありますね。

f:id:kazusanuchisan:20190908070112j:plain

観光紹介として掲載されている写真とはずいぶん印象が違うと思いますが、エントリーするあたりはこんな感じです。

 

上の方に展望台がみえますね。景色良いらしいですよ。

 

わが家の子供たちは炎天下で歩くなんて言わないですから、当然行ってないですけど。

f:id:kazusanuchisan:20190908070326j:plain

 

個人的に大好きな場所になりました。

入り江なので洞窟っぽいとでもいいますか、岩の壁があり、浅いところと深いところがあったりして、シュノーケルなのにダイビングしているような感覚になるんです。

 

魚たちとの距離が近いというのも、理由のひとつかもしれません。

 

注意した方が良いポイントはいくつかあります。

 

まず海の周りですが、写真ではわかりづらいですが砂浜ではなく、ごつごつとした岩です。

 

裸足だと普通に足の裏が痛い。。。。

 

マリンシューズがあった方が楽だと思います。

特に子供がビーチサンダルで動き回るのは避けた方が良さそうです。

 

グローブ、あった方がいいですね。

ダイビングスーツまでは不要ですが、ラッシュガードは着た方が、いざという時に岩から体を守ってくれるでしょう。

 

近くにトイレがあり、その脇にはシャワーがあり、そこで塩を落とすことはできます。

有料で、且つ人がいるわけではないので「100円玉」の用意をお忘れなく。

 

ですが、海の家が近くにあるわけではないので、飲み物など必需品は持参しましょう。

 

「海に入りたいけど波が高くて入れない」なんて時は、ここに来てみてはいかがでしょうか。

もしかしたら、問題なく入れるかもしれませんよ。。

 

丸吉食堂で沖縄そばを堪能

昼食には少し遅い時間の訪問だったのですが、まだかなり並んでいました。

 

駐車場はありますがそんなに広くはないので、複数人で行くのであれば行列に並ぶ班と駐車場に停める為に車で待つ班とに分かれた方が良さそうです。

 

駐車場に入れなくてもご心配なく。

お店に入るためには誰かが出てこなければ入れませんので、結局同じことです。

気長に待ちましょう。

f:id:kazusanuchisan:20190908065511j:plain


にんにくの効いたスープ。とろとろのてびち(豚足)。

左側が元祖みやこそば。三枚肉ではありません。

 

にんにく風味が苦手な人がいて、好き嫌いがはっきりと分かれるみたいですが、私達夫婦は大好き派でした。

 

定番のクースの他にカレー粉が置いてありました。

味を変えたいときに少しふりかけるのがお薦めだそうです。

個人的にはなくてもいいかな。

 

海で泳ぐ⇒お腹が減る⇒丸吉食堂へ。

 

このルート最強!!

 

※おまけ:シギラリゾートを視察してきた

丸吉食堂でゆっくりと食事を堪能したのですが、急いでホテルに帰るような時間でない。

地図を観るとシギラリゾートが近くにあるじゃないですか。

 

今回、シギラリゾートにするか東急ホテルにしようか、少し迷ったという経緯もあり、視察しようかなと思いたち、予定を変更。

 

視察に行ってみよう!!

 

車でくるっと回ってみたのですが、リゾート内は正に大規模開発の真っ最中。

とてつもない規模です。完成したら圧巻だと思います。

 

高度経済成長の時代を彷彿とさせるような、街ごと造ってるような雰囲気です。

 

帰宅後に調べてみたら、20年度末に2千室、24年度末に6千室を目指し開発を進めていて、完成後にはハワイのような大型のショッピングセンターも完備なんだそうです。

 

利用客がリゾート内でいつでも楽しめるように、ウオーターパークやアドベンチャーパーク、水族館、熱帯野鳥園、植物園など全天候型の施設を整備して、季節を問わず楽しめるリゾートを目指しているんだとか。

 

今時豪気な話じゃないですか。

 

特にアジア諸国からのお客さんが遠いハワイに行かずとも、宮古島で楽しめるようにして誘致しようっていうことなんでしょう。

廃墟になってしまわないためにも、ぜひ成功していただきたいです。

 

でも、私がビーチリゾート地に求めていることとは方向性が違います。

 

宮古島の大開発が終わる前に来てよかったって心底思いましたし、東急ホテルを選んでよかったとも思いました。

 

もう宮古島は後戻りしないでしょう。

 

私も嫁さんもリゾート地の好みは一緒で、「ハワイ」に行くよりは「パラオ」。

「ハワイ」に行くなら「オワフ島」じゃなくて「カウアイ島」や「マウイ島」。

 

シギラリゾートは多分、沖縄・宮古島観光を先頭でけん引する存在になっていくんだと思います。

ハワイやグアムのような、ビーチリゾートの一大テーマパークとして。

大きな市場がありますもんね。

 

ただ、自分の求めるビーチリゾートとは違うというだけです。

 

私が求めている方が、開発と自然の両立を求めているわけですから、より欲深いですよね。

西表島に行って「開発反対運動」に触れて、深く考えさせられてしまった。

だからといって、ビーチリゾートに行くことはやめませんが。

 

これからもどう両立していくのか、考えながら責任をもって行動します。

 

「共感派の方」「非共感派の方」も、今後もブログを読んでいただけるとありがたいです。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村