子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

父の日スルーは想定内 自分だって父の日のお祝いをした記憶なし

父親とは超絶仲が悪かったかずさんです。

 

ところで突然ですが、皆さんは父の日の由来をご存じでしょうか?

せっかくなので調べてみました。

 

1909年、アメリカのソノラ・スマート・ドットという人が男手だけで育ててくれた父親に感謝したいと、教会の牧師にお願いして父親の誕生日である6月に礼拝したことが起源だと言われています。

 

おっ、母の日と違って起源なんてないと思ってたのに、ちゃんとあるんじゃん!!

 

と思ったのもつかの間。

 

父の日の最初の祝典が行われた理由は「既に存在していた母の日のように父親に感謝する日もあるべきだ」との訴えが牧師協会に出されたことで始まったようなのです。

 

そうだよね、うんうん。予想通り。

 

母の日が5月だから翌月に、っていうほど単純ではなかったみたいですが、片方だけあるのはおかしいって発想から生まれたわけですよね。

 

いい夫婦の日 11月22日」があるなら、いい独身の日があってしかるべきだ!

 

という理由で始まった?「いい独身の日 11月11日」と大差ないですね。

 

なぁんてそんな自虐ばかり言ってると

 

「何を女々しいこと言ってるんだ!」

「本当は祝ってほしいんじゃないの??」

 

って言われそうですが、おそらく深層心理はそんなところでしょうね。

 

でも、家庭における父親の存在ってスルーされるくらいでちょうど良いんじゃないかなって思うんです。

 

子供たちが大きくなって、自分たちで稼ぐようになって、人生で一度でも良いのでプレゼントをもらえたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

そんな思いで迎えた六月の第三日曜日、家族全員でTVで「ちびまる子ちゃん」を見ていたら「父の日」がテーマのお話が始まってしまいました。

 

家中に微妙な空気が。。。。ちーーーーん

 

ああ、なんて余計なことを、まるちゃん。

そっとしておいてほしかったなぁ。

 

そんな時、下の娘が、

「あっ、父の日のお祝い、何もあげてなかった!!」

 

と言うや否や、即興で蝶を制作してプレゼントしてくれました。

f:id:kazusanuchisan:20210623085145j:plain

その様子をしれーーっと見守る上の子。

 

二人とも、年齢に応じて健全にすくすくと育ってくれてるなぁ。

 

月並みですが「それが父の日の最高のプレゼントだと思える日」を私に与えてくれたことが、最高のプレゼントです。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村