子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

工作意欲が止まらない。手作りこそ最高のプレゼントだと教えられる

今週のお題「告白します」

小学生時代、図学工作の評価は高かったのですが、作品のすべてが贋作だった、かずさんです。

 

小学校時代は図画工作、好きは好きだったんですけど、

だんだん自分の才能のなさに気付き、

思うように作品を作ることができなくなり、、、

 

やがて好きではなくなってしまいました。。。

 

今回、改めて何故好きではなくなったのかを考えてみて、理由がわかりました。

見本があると書けたり作れたりするんですが、創造力というか、想像力がないんですよねぇ。

小学生の頃って、何かの真似でも上手にできていたら評価されるじゃないですか。

まさにそれでした。

 

そんな私も親になり、

でも、子供と一緒に絵を書いたり、工作することは苦手でした。

 

子どもが小さい頃はよく、「アンパンマンの絵を書いて」っていわれたんですが、その都度携帯で検索して、見本見ながら書くありさま。

 

「上手じゃん」って言われたりもしたのですが、

「それは見本を真似て書いたからだよ!」って心の中で思いながら

「ありがとうね!!」って答えていました。

 

そんな才能のかけらもない父親を持つ、うちの娘たち。

でも、娘たちは二人とも絵は上手だし、工作も上手。

これは完全に職人気質の嫁さんの系譜。感謝しかないですね。 

 

とにかく創作意欲が素晴らしい。

 

先日、結婚記念日に花束を買ってきたのですが、それを見て

「プレゼントは手作りが一番心が伝わるんだよ!!」

と教えられまして、突然工作を始めました。

 

完成品はこちらです。

f:id:kazusanuchisan:20210226065157j:plain

ここからは親バカ全開です。

・即座に作成する行動力

・新しいものを作ってみたいという創作意欲

・手作りの品で祝いたいという気持ち

 

そのすべてが素晴らしい!!

 

「買ってきたものじゃなくて、手作りの品を贈った方が気持ちが伝わるよ!」

「かずさんもママに作ってあげたら??」

 

何を作ったらよいのか、まったくアイディアが浮かばず、行動できないダメな父。

 

 

とにかくこれからも、創作意欲がしぼんでしまわないよう

親としてサポートしてあげたいと思います。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村