子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

思えば保育園時代が最高だったHappy Halloween!!

お題「わたしの癒やし」

二泊三日の旅行に行った二日目の朝には「もう後一泊しか泊まれない」、大好きなお酒を半分飲むと「あと半分しか残っていない」と思ってしまうタイプのかずさんです。

 

「まだ後二日も楽しめる!」「まだ後半分も残っている!!」と思える方が、人生どれだけ楽しいかと思うのですが、こればっかりはどうしようもありません。

思ってしまうことを無理に変えることができないからです。

 

子育てって、「これが最後かな」って思うことの連続ですよね。

あかちゃんをお風呂に入れる時、子供が一緒に手をつないで歩いてくれる時、一緒に公園に行ってくれる時、一緒に映画に行って切れる時、日々の何気ない時間が、もしかしたら最後になるかもしれない。

 

だからこそ、その瞬間をおろそかにしてはなりません。

 

下の子が、Happy Halloweenパーティーを家でやりたい!!と言い出しました。

 

思えば保育園では毎年、Happy Halloweenパーティーが開催されており、仮装して登園していました。

白雪姫だったり、魔女の宅急便のキキだったり。

仮装した子供たちの嬉しそうな顔、顔、顔。

 

子供たちが一番うれしそうな顔になるイベントだったと思います。

 

これを毎年やっていたんですから、下の子にとって、Halloweenはパーティーをする日であり、仮装はするもの。

 

クリスマスにはケーキやチキンを食べて、プレゼントがもらえるもの。

お正月には餅を食べ、初詣に行き、凧をあげるもの。

 

それと同じように、Halloweenは毎年行う行事として定着しているわけです。

 

今までわたしは、Halloweenになると渋谷など繁華街に仮装して集まる若者たちをみて、まったく理解ができなかったのですが、今腹落ちしました。

わたしの世代とは育った環境が違うんだな。

毎年行う行事として定着し、やらないと落ち着かない心境になっているんだな。

 

わたしの世代は、クリスマスは毎年の行事として定着していましたが、祖父祖母たちはまったく理解できなかったんでしょう。

それと同じなんですね。

 

 

出来る限り、毎年の楽しい行事として子供たちに定着させてあげたい。

ということで、パーティーの始まりです。

f:id:kazusanuchisan:20201101084301j:plain

子供の笑顔がわたしの最高の癒しです。

 

下の子は魔女の宅急便の「キキ」

ではわたしも魔法使いになりましょう。

f:id:kazusanuchisan:20201101084615j:plain

思いっきり低予算ですいません。

150円くらいです。

 

誰というわけではないですが、モデルはアラジンのジャファー。

クオリティ、低すぎますね。 

来年はクオリティをあげるぞーーーー!!

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村