子供と接するのが苦手な父親の記録 kazusanuchisan’s diary

当事者意識を持つことをテーマに海や公園へ、日々子育てに奮闘中

妹から姉へ。手作りの誕生日プレゼントは双六(すごろく)

手作りのプレゼントは「肩たたき券」くらいしか作ったことがないかずさんです。

 

姉の誕生日が近づき、手作りのプレゼントをわたしたいという妹。

喧嘩ばかりしていますが、姉への思いは人一倍強いです。

 

いろいろと候補はありましたが、誕生日パーティーに皆で一緒に楽しめるから、という理由で双六(すごろく)を作ることとなりました。

 

テーマがちゃんとありまして、「村を散策する」すごろく。

 

農家とか田んぼ、案山子(かかし)が盤をにぎわせています。

f:id:kazusanuchisan:20210204111608j:plain

 

ミカンの木の下は牛さんの放牧の場所でしょうか

f:id:kazusanuchisan:20210204111858j:plain


川には橋がかかっていますね。

f:id:kazusanuchisan:20210204111932j:plain

 

「チャレンジ」と書かれたマスには必ず止まらなければなりません。

 

・1.2.3が出たら2マス進む。4.5.6が出たら進めない。

・4.5.6が出たら家族のモノマネをする。モノマネされた家族は1マス進む

・6が出たら一気にあがり。1.2.3が出たら牛が産気づいたので一回休み

 

などなど、愉しい指令が書かれています。

 

他にも

・落とし穴に落ちた。一回休み

・巨大ガエルにびっくり、1マス進む

・夜になってしまったので家に泊めてもらう。2回休み

・財布を落としたことに気がづいて2マス戻る

f:id:kazusanuchisan:20210204112905j:plain

 

小さなマスには人間の足跡や牛の蹄がかかれています。芸が細かい。

 

最大の難関は一番最後、必ず止まらなければならず、1か6が出ないとゴールできないんです。

下手をすると、ゴール手前でどんどん抜かれてしまいます。

実際にわたしは5回もゴールができずに、最下位になってしまいました。

 

市販品では考えられない、なかなか愉しい双六が完成しました。

双六を見るたびに思い出すようになるかなと思うと、うれしいです。 

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村