kazusanuchisan’s diary

子どもと接するのが苦手な父親の子育て日記

首都東京で生きる術を探して。。。名古屋で生まれ育った味覚はもう変えられない(冷たいそばつゆ編)

こんにちは、とろろが大好き、かずさんです。

 

私は高校を卒業するまで名古屋で生まれ、育ちました。

 

名古屋⇒東京⇒宇都宮⇒札幌⇒東京

と移り住み、今は定住しています。

 

名古屋で刷り込まれた味覚は、どの土地に行っても消えることはありません。

たまに恋しくなる郷土の味。

 

独身時代に自炊を続けていた理由は「郷土料理が食べたいから」

 

首都東京はその気になれば、ほとんどの食べ物が食べられます。

 

味噌煮込みうどん」はお店に行けば食べられますが、

赤味噌で作った豚汁(ぶたじる)」

は自分で作らないと食べられないんですよ。

※ちなみに子供達にも何度か作ったのですが嫌がられました。

「ママの作った豚汁が食べたい!!」んだそうです。

 

そういえば先日、仕事で東京駅近辺に行ってきたのですが、丁度お昼時だったので「味噌カツ」を食べに「矢場とん」に行ってきました。

 

安定の味、「しゃびしゃびの味噌だれ」をかけるのがGOOD!!

 

※ちなみに「しゃびしゃび」とは多分名古屋方面の方言。

 (水分が増えて)うすまる、うすくなる、水っぽい状態のことを指しており、

 通常はマイナス面を表現することが多いのだが、 他に良い表現が見当たらず、

 敢えてプラス面の表現で使用してみました。

 

そういえば最近出張先の新潟で食べた「タレかつ」にはまっておりまして。

f:id:kazusanuchisan:20190807062608j:plain

TOHOシネマズ日比谷の近くにあった「タレかつ」屋さんです

カツがあっさり食べられるところに共通点を感じました。

 

でも、こういった郷土料理は本場の味ですからね。

 

一番困るのは先程記載したような、味噌汁とか蕎麦屋のつゆとか、どの場所にもある料理のベースの味。

 

よく「名古屋めし」の味は濃い!!と言われますが、多分あれ、みりん(味醂)の味がルーツです。

 

あまり知られていませんが、愛知県東部の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵まれ、200余年の昔から、みりんの醸造が盛んに行われてきました。

現在でも、みりん業者数全国一を誇るみりん造りの本場です。

 

あぁ、確かに和食のレシピ見ると書いてあるよね。煮物に使う奴でしょ?

 

くらいのイメージしかないのではないかと思いますが、私にはこれが欠かせません。

 

醤油主体の味付けがされたモノを食べた時、「何か一味足りないな」と感じた原因を考えてみると、大体の場合「甘味」が足りない。

それも砂糖の甘さじゃない。あぁ、みりんか。

 

という結論に至りました。

 

ですので現在、私は家で蕎麦やうどんを食べる時は、市販のつゆに「ちょい足し」して郷土の味を楽しんでおります。

 

【用意するもの】

●薄めて使うタイプのめんつゆ

●三州三河みりん

●水

●氷

●陶器製の蕎麦猪口

f:id:kazusanuchisan:20190807064823j:plain

みりんはやはり本格味醂を使いたいですね

相生 純米 古式 本みりん 純国産米 500ml

価格:538円
(2019/9/16 17:35時点)
感想(0件)

【手順】

●陶器製の蕎麦猪口に水を1㎝ほど入れます。

 そこに「みりん」を少し入れます(完全にお好みです)。

 

●レンジに入れて15秒ほど温め、アルコールを飛ばします

 ※秒数は機種によって違うので参考程度。湯気が出ていればOKとしましょう。

 

●蕎麦猪口に氷を入れて冷まします。

 

●蕎麦猪口にめんつゆと水をいれて味を調整します。

 

麺つゆが薄めて使うタイプじゃないと、温めてから氷で冷ますという方法が使えません。

最近は「創味のつゆ」一択です。

 

特に蕎麦は甘辛濃いめを少しつけて食べるのが私の中のBEST。

 

余談ですが、ととろ蕎麦が大好きなのですが、とろろで味が薄くなるので、この場合は特に濃いめに調整して使うのがMyBEST。

 

自分と一緒に子供たちに出す時も、たまーーーーにこの方法で作って「味の刷り込み」をしているのですが、結果はどうなるでしょうか。

 

子育てと料理は密接につながっていますね、という無理やりのまとめでしめさせていただきます。

 

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村