kazusanuchisan’s diary

子どもと接するのが苦手な父親の子育て日記

子連れ旅行 マイカーなし GW2泊3日の旅に新緑がきれいな秩父はぴったりハマる(計画~1日目)

こんにちは、花よりも新緑が好きなかずさんです。

 

わが家には自家用車はありません。基本は公共交通機関を使っての旅行です。

 

せっかくのGW。遠出はお金もかかるし混んでいるので近場でよいところはないかと探して出た答えは秩父

下調べと偶然とが織り交ざった、渾身の2泊3日はこんな感じです。

 

GW2泊3日 秩父旅行の日程

一日目

高崎線にて熊谷に移動⇒秩父鉄道のSL乗車⇒長瀞ライン下り⇒旅館へ

二日目

温泉でゆっくり⇒旅館の近くの河原で遊ぶ⇒宝登山ロープウェイ⇒宝登山小動物園⇒カフェでゆっくり⇒旅館に戻り温泉でゆっくり

三日目

温泉でゆっくり⇒羊山公園でハイキング⇒西武線アロー号で帰宅

 

◆一日目:SLと川下りで大興奮

旅のスタートは秩父鉄道のSL号です。乗りに行く計画を立てる前に確認してほしいことがいくつかあります。

 

・毎日運航しているわけではありません。3月末から12月初頭までの土日を中心に運行されていますので、運行状況を確認の上、予定をたててください。

 

・基本前売り券の購入が必要です。席の確約がされるSL座席指定券JR東日本管内の「みどりの窓口」および「びゅうプラザ」のみでの販売です。

 

・SL整理券(自由席)は前売り券購入以外に、Webでの予約が可能です。熊谷駅などで受け取ることができます。

 

・一か月前から前日の15時まで販売されていますが、繁忙期は期日前に売り切れる可能性が高いので注意してください。

 

私はと言いますと、SL座席指定券は売り切れてしまっていたので、SL整理券をWebで予約しました。

 

早く行こうと思ったのですが、子連れあるあるでたいして早くは到着できず。でもなんとか席は確保できました。

 

販売枚数が限られているので、SL整理券がGETできれば座れるのではないかなという感じです(保証はできないので注意願います)。

f:id:kazusanuchisan:20190626133943j:plain

銀河鉄道999世代です。感動!

f:id:kazusanuchisan:20190626134033j:plain

レトロな感じが良いですね

終点まで行かず、長瀞駅で下車して長瀞ライン下りです。

 

駅前で名物の蕎麦を食べたのですが、天ぷら蕎麦の天ぷらが超山盛りでびっくり。

でも美味しかったので完食できました。

f:id:kazusanuchisan:20190626120929j:plain

二度目なのですが何度来ても良いですね

f:id:kazusanuchisan:20190626121044j:plain

ブラタモリに出てきそうな、非常にわかりやすい岩の層

下船後は川辺を散策し、その後旅館に移動しました。

途中で電話をして最寄り駅からの送迎をお願いしました。

 

宿泊先は「秩父温泉 ゆの宿和どう」

和銅鉱泉 ゆの宿 和どう さん、今回も一休さんから予約しました。

 

カフェテラス:新緑が映えて清々しさを満喫できる場所です。滞在中何度も時を過ごしました。この近くから河原に降りていくことができた(はず)。

 

温泉:川べりの温泉で開放感があります。広々しています。ここもまた新緑がきれいです。

 

事前に調べた際に感じたのは、口コミの賛辞と酷評が相並んでいるなぁということ。

 

酷評の多くは

・タオルなどの備品の設置について(大浴場にタオルがない など)

・内装の老朽化について

・お風呂のお湯の温度について

・煙草の匂い

・あかちゃん歓迎というコースの割には気遣いが感じられない

 

賛辞の多くは

・お風呂や部屋からの景色、自然(新緑・桜)

・お茶が2種類用意してあったり、スリッパ間違い防止用シールなど、随所に気遣いを感じた

 

大浴場にはタオルを持参してくださいって書いてあるわけですから、知らずに行ったらなかったってことにはならないし、別にいいんじゃないかと私は思うわけですが、人によって感じ方は違いますね。

 

老舗旅館ですから施設の老朽化は否めませんが、チェックインを行うカフェテラスのあたりはきれいにされていたので、華やかさを感じることができました。最初に飛び込んでくる景色って大切ですよね。

 

スリッパ間違い防止用シールは目から鱗でした。それでも間違えて私のスリッパをはいていってしまった人がいたのですが、電話をしたら快く新しいスリッパを持ってきてくださいました。

 

季節、結構重要かもしれません。新緑の季節でしたが、桜の季節ならもう一度行ってみたいです。

 

私が一番気になったのは、連泊した際の料理内容です。

 

でもこれって、この旅館に限ったことではないんですよね。

 

旅館って多分連泊する人が少ないんだと思うんですが、同じような料理が続くことが良くあります。

 

連泊派なのでもう少し連泊客が増えるような工夫をすればよいのに、といつも思います。

 

子連れ旅行はハプニングの連続ですが、今日は、天ぷらが予想以上に多かったという嬉しいハプニング以外は予定取りに進み、とても楽しい一日を過ごすことができました。

 

二日目以降にもご興味を持っていただけましたら、ぜひ下記ページもご覧ください。

子連れ旅行 マイカーなし GW2泊3日の旅に新緑がきれいな秩父はぴったりハマる(二日目~最終日) - kazusanuchisan’s diary

日本ブログ村に参加しています。

読んでよかったと思っていただけたらポチっとしてください。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ
にほんブログ村